魅力ある大人の女性として、やっぱり大事にしていきたいのは「品格」ですよね。
それなりにいい大人なのに、品格ゼロな女性は男性からもドン引きされやすいもの。
そこで今回は、品格ゼロ認定される女性の特徴についてご紹介していきます。

(1)仕草が女性らしくない

『会社のパーティーとかには連れていけないな……』(32歳/商社)

品格ゼロ認定される女性は、日々の仕草に女性らしさがとにかくありません。
例えばあぐらをかいたり、がに股で歩いたり、大声で笑ったり……。
そんな周りの人が「女性なんだから」と諫めたくなるような恥ずかしい行動が目立ちます。

大人になれば落ち着きも出てきて、女性としてしっかり振舞われなければいけない場面も。
そんな場面でいつしか大きく恥をかいてしまう、もしくは周りに恥をかかせてしまうのは間違いありません。

(2)言葉遣いが汚い・子どもっぽい

『品格っていうか、論外だけどね(笑)』(29歳/代理店)

言葉遣いがヤンキーのように汚かったり、子どもっぽかったりするのも品格ゼロの証拠です。
いい大人の女性が「てめえ」なんて口にしていたら、周りの男性はさすがにドン引きしますよね。
また、「超」「ヤバい」といった言葉を連呼する女性も子どもっぽいと思われやすく、男性からは距離を取られがち。

そんな言葉遣いをする女性を、落ち着いたレストランのデートに誘った男性はどう思うでしょうか?
周りには品格ある大人ばかりなのに、それと比較して相手は一層恥ずかしくなってしまいますよね。

(3)スカートを抑えずに座る

『ガサツな印象だよね』(30歳/SE)

品格のない女性がやってしまいがちなことですが、スカートを抑えずに座るという仕草。
電車に乗るとき、食事で椅子に腰かけるときなど、男性は意外とその座るときの仕草をよく見ています。
なぜなら女性の、そのスカートを抑えて腰かける仕草は大人っぽく上品でとても魅力的だからです。

だからこそその仕草をしない女性は、「この子品がないな……」と思われてしまいがち。
どれだけ見た目から感じる印象が良くても、それだけでイメージはマイナスです。

(4)生活習慣が整っていない

『自分を管理できていないところが、品格に繋がらないんだと思います』(34歳/アートディレクター)

生活習慣が整っていない女性も、実は品格がないと思われがちなので注意です。
例えばお菓子ばかり食べて食生活が整っていなかったり、夜更かしばかりしていて生活リズムが崩れていたり……。

生活習慣が整っていない女性は、やっぱり「まだまだ子ども」と男性からは思われやすいもの。
当然、品格なんて感じてもらえないでしょう。
普段から生活習慣が整っていない女性は、そろそろ大人としてしっかりとした生活ができるように心がけた方が良いかもしれませんね。


いかがでしたか?
男性は上品で清楚な女性に惹かれやすいもの。
だからこそ品格ゼロな女性はそのまま非モテ女になりがちなので、ぜひ気をつけてくださいね!

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む