デートも楽しみ方はたくさんありますし、人によってどんなデートが好きなのか好みも違います。

なので実は、自分的には楽しいデートも、彼にとっては意外と微妙なんてことも。
デートで気まずい雰囲気にならないためにも、男性の好みの傾向が知っておいた方が得かもしれません。

今回は、実は男性が嫌だな……と思っているデートについてご紹介します。

(1)ショッピングデート

『下着を買いに行くのは友達と行ってよ……』(31歳/SE)

ショッピングデートは、とくに行き先によっては男性はかなり嫌がっていることも多いもの。

とくにランジェリーショップなどは、目のやり場に困るからこそ行きたがらない男性もたくさんいるんです。
とにかく早く出たい……と思うことがほとんどのようですよ。

また彼女が行きたいショップにひたすら振り回されるショッピングデートも、男性には面倒臭く思われがち。

女性の方はやっぱり買い物好きは多いですし、デートするときはひたすら彼を振り回して荷物持ち役にしないよう要注意!

(2)カフェデート

『少しお茶するくらいならいいけど、長い時間いるのはつまらない』(30歳/企画)

カフェデートも定番デートかと思いきや、意外と男性は嫌がる人も多いようです。
理由は単純につまらないからでしょう。
話すしかすることがないので、ある程度時間が経てば出たいと思う人が多いのが実情です。

たしかにカフェのおしゃれな雰囲気はよくても、ずっと同じところにいれば飽きてしまいますよね。
とくにアクティブな男性はもっと体を動かしたいと思うのではないでしょうか。

(3)久々の休みでのテーマパークデート

『連勤明けでテーマパークはムリ!疲れすぎてて楽しむどころじゃない』(29歳/コンサル)

久しぶりの休日。
正直ゆっくり休みたい……と思う人は多いですよね。

とくに20代くらいの若い働き盛りの頃の男性は、休みこそゴロゴロしたいと思う気持ちが強いはず。

そんな男性にとってテーマパークデートは苦行でしかありません。
疲れしか感じず、せっかくのデートでもなかなか楽しむことはできないでしょう。

テーマパークデートはとても楽しいものですが、時には彼の疲れをいたわってあげることも必要かも。

(4)彼女の趣味全開の場所

『男性アイドルのライブなんてなんで俺と行くの……?アイドルとはいえ他の男に夢中になってる姿を横で見るのは嫌だなぁ』(28歳/広告)

趣味全開の場所に彼をデートに誘うときは、要注意。
彼は快諾してくれているように見えるかもしれませんが、もしかすると内心はかなり微妙な気持ちなのかも。

アニメショップ、アイドルのライブなど、好みが分かれやすい場所へデートに行くのは避けた方が賢明です。
ある程度二人で趣味を共有できるようになってから、デートに行くようにしましょう。


いかがでしたか?

カップルだからこそ、デートはどこでも楽しめる……なんていうのは正直なところ建前でしかありません。
自分本位なデートになってしまわないよう、デートの行き先を提案する際は気をつけましょう!

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む