気になる男性を意識させる方法の1つとして、「間接キス」があります。
間接キスくらい…と思う人もいるでしょうが、2人の距離は確実に縮まるはず。
今回は気になる彼と間接キスで急接近する方法をご紹介します。

(1)グラスを間違えたふりで間接キス

『ちょっと気になっている子にグラスを間違えられて、意図せず間接キスになってしまったとき、ちょっと恥ずかしかったけど嬉しかった(笑)』(29歳/営業)

気になる彼と隣の席に座れたら、間接キスのチャンス!
グラスを間違えたふりをして、彼の飲み物を飲んじゃいましょう。

「あ……それ俺の」と彼に言われたら「ごめんね、間違えちゃった」と今気づいたふりを。
彼はどんな表情をしていますか?
照れたり嬉しそうな表情だったら脈ありかもしれません。

(2)「これおいしいから飲んで」

『「これおいしいよ~飲んでみて!」って無邪気に言われたとき、平気なフリして飲んだけど、内心ドキドキだった』(31歳/アパレル)

付き合ってはいないけど仲がいい男性なら、自分のドリンクで間接キスしてみませんか?
「これおいしいよ。飲んでみて」と彼にすすめてみましょう。
ストローなら完全に間接キスになっちゃいます。

もし断られたら、脈なしまたは彼が潔癖症なのかも?
何でもなさそうに飲むなら、彼は女性慣れしてるのかも?
ドキドキしてる様子だったら、きっとあなたを意識しているはず。

(3)「一口ちょうだい」

『関節キスになっちゃうなぁなんてドキドキしながらケーキをもらったのはちょっと嬉しかった(笑)』(30歳/人事)

2人で食事に行ったなら、彼の食べ物を一口おねだりしてみましょう。
オススメはデザート。

「そっちもおいしそう。一口ちょうだい」と彼にねだってみましょう。
スプーンやフォークで1口もらってパクッ。
「じゃあ、私のもあげる」ってあなたも彼に一口あげましょう。

これで2回分の間接キス。
ケーキ等ならスプーンにクリームが残るので、好きな人じゃなければ抵抗があるはず。
彼が嫌がらなかったら、脈ありの可能性大でしょう。

ただし「一口ちょうだい」と言われること自体が好きでない男性もいます。
そのため断られたからといって、必ずしも脈なしというわけではないでしょう。

(4)「間接キスしちゃったね」

『なんでもないフリしてたのに、「間接キスしちゃったね」ってはにかまれた時にもう最高にドキドキした』(33歳/経営)

間接キスが、ただの「回し飲み」や「味見」で終わらないように、最後に一言を。
「間接キスしちゃったね」。
すでに間接キスを意識していた男性なら、この言葉にドキドキするはず。

堂々というのではなく、ちょっと恥ずかしそうにいうのがポイント。
はにかむ彼女が可愛くて、彼は「今度は直接キスしたい」なんて思うかもしれませんよ。


子どもの頃、男の子と間接キスしてドキドキしちゃった経験はありませんか?
大人になったら子どもの頃のようなドキドキ感はなくなりますが、それでも2人の距離が急接近するきっかけにはなるでしょう。

気になる彼とさりげなく間接キスして、2人の距離を縮めてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)