もうすぐお洒落が楽しめる春がやってきますね。
毎年ファッションのトレンドを追っかけている女性も多いでしょう。
しかしなかには、流行っていても男ウケしないものもあります。

今回は、男ウケ最悪な春の「痛すぎモテファッション」についてご紹介します。

(1)花柄ガウン

『花柄だけど可愛くないし、インパクトありすぎ』(27歳/営業)

春と言えば、花柄!と思いますよね。
そして羽織るだけで春らしくなるのが花柄ガウン。

しかし実は男ウケはあまりしないもの。
花柄が大きすぎたりして、目立つ感じが不人気なのです。

(2)バギーデニム

『脚の太さが逆に太く見える』(30歳/サービス)

今年は、デニムのバリエーションも多くなっています。
なかでもバギーデニムが注目をあびているもの。

しかし男性からすると、あまり女性らしさを感じないライン。
脚も、逆に太く見えてしまうので、ムリして着こなすのは避ける方がベター。

(3)刺繍ニット

『もはやおばさんっぽいから、やめてほしい』(29歳/証券)

この春は、少しデザイン性のあるものがトレンド。
派手過ぎず、可愛らしのある刺繍ニットが注目のアイテム。

しかし刺繍ニットがどうしてもレトロ感を出してしまいます。
男性からすると、おばさん、もしくはおばあちゃんのイメージなのです。

(4)スカジャン

『女性が着るようなアイテムじゃないと思う。引く!』(35歳/金融)

スカジャンといっても、刺繍のあるタイプが人気。
女性もアクセントに着こなしたいと思っている方が多いでしょう。

しかし男性は、女性には女性らしくいて欲しいもの。
スカジャンは、どうしても女性らしさをなくしてしまうアイテム。
なので男性は引いてしまうのです。


いかがでしたか。
女性が着たい服=男ウケする服、とは限りません。
あまりトレンドに振り回されず、女性らしさを心がけましょう。

(恋愛jp編集部)