どんな服もおしゃれに着こなせるのが一番ですが、たまにはコーデで失敗してしまうこともありますよね。
特に「老け見え」してしまうコーデは印象がガタ落ちしますし、どうしても避けておきたいところ。
そこで今回は、春にやりがちな老けコーデをご紹介します。

(1)スウェット

『ラフすぎて部屋着になってしまわないように気を付けている』(29歳/販売)

最近トレンドの、ラフな雰囲気が可愛らしいスウェット。
ですがスウェットは、着こなしを間違えるとただ「部屋着」にしか見えないもの。
しかもラフでゆったりとした感じで着ぶくれしてしまい、おばさんっぽく見えてしまうことも。

スウェットを着こなすなら、ボトムスをタイトなものにするなどの工夫が大事です。
ラフすぎる印象にならないように気をつけましょう。

(2)ボリューム袖トップス

『太く見えてしまわないようにコーデしています』(27歳/公務員)

ふんわりと優しいイメージを持たせるボリューム袖トップス。
こちらも最近流行りのトップスとしてよく話題に上がりますよね。

ですがボリューム袖トップスも、体が太く見られがちなので老け見えには要注意。
基本的に太く見える=肝っ玉母さんみたい=老け見えな印象があるため気をつけましょう……。

(3)黒ワンピース

『上品だけれど、一歩間違えると老け見えに……』(25歳/IT)

喪服のような黒ワンピースも、地味で老けて見えやすいコーデになりがちです。
コーデから若い感じがしないので、黒ワンピを着こなすならコーデに少し工夫が必要。

白パンプスを履いたり、黒ワンピでもレースなど可愛らしさがどこかにあるものを着るなど……。
老けて見えない一工夫があると、黒ワンピでも地味な印象がなくなります。

(4)派手色ベースの花柄トップス

『派手すぎるとオバサン感が出てしまいますよね』(30歳/アパレル)

ビビットピンクや黄色など、派手色がベースになった花柄は、一見若く見える感じもしますよね。
ですが癖の強いトップスなので、逆におばさん見えしやすいのが特徴です。

大阪のオバチャンのような、癖の強さを感じさせるのでしょう。
おしゃれにあまり自信がない人は、変にトップスだけ浮いてしまうので避けた方が賢明かも。


いかがでしたか?
可愛くコーデをまとめたつもりが、実はおばさんっぽくなっているというのは意外とよくあるパターン。
老け見えしてしまうと自分の印象もかなり悪くなるため、コーデの作り方には気をつけてくださいね!

(恋愛jp編集部)