デートをより楽しむコツとして大事なのは、マンネリ化を防ぐことです。
そしてマンネリ化を防ぐためには、こんなデートできたらいいなと思える憧れのデートを叶えていくことが必要なもの。
そこで今回は、男性が彼女とのデートで憧れていることをご紹介します。

(1)恥ずかしくなるようなロマンチックデート

『ベタな観覧車デートしてみたい』(25歳/金融)

ベタすぎて恥ずかしくなるようなロマンチックデートも、たまには良いですよね。
夜景の見える展望台でゆっくり話をしたり、観覧車のてっぺんでキスをしたり……
たまには大人な雰囲気を出して、高級ホテルで食事がしたいという人も多いはず。

そんなロマンチックなデートで、かっこよく彼女をエスコートする自分に憧れを持ってしまう男性は結構多いものです。

(2)人混みの中での大胆キス

『恥ずかしい気持ちもあるけど人前でキスしてみたいです』(31歳/公務員)

人混みで大胆にキスを交わすことも、意外と多くの人が憧れることの一つ。
確かに人前でのキスは嫌がる人もたくさんいますが、人に見られているからこそ燃える心理もありますよね。
自分たちのラブラブっぷりを皆に見せつけたいという気持ちもあるはずです。

(3)ペアルック

『ふたりでおなじTシャツ着てディズニーランド行ってみたいな』(29歳/広報)

おしゃれに意識の高い男性などは、あえて彼女とペアルックでデートに出かけたいと思うこともあります。

実際、SNSなどで彼女とのペアルックコーデの写真を載せている人は結構多いですよね。
そんな写真を見て、「いつかこんなデートがしてみたい」と憧れを持つ男性も最近はちょこちょこいるようです。

(4)食事中の「あーん」

『あーんしてって言われたい!』(27歳/教師)

いわゆるバカップルのように、あーんして食べさせてもらうことに憧れる男性も結構います。

二人きりのデートだからこそ、思い切ってバカになってラブラブな雰囲気を堪能したいという人はたくさんいるでしょう。
そしてそんなときは、絵に描いたようなカップルならではの行動がしてみたくなるものです。


いかがでしたか?
脱マンネリするためには、非日常的なデートを経験してみることもかなり大事なもの。
彼とのデートをより楽しむために、いつもはない憧れデートを試してみるのも面白いかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む