彼氏とのドライブデートって運転している男性が頼もしく見えたりしますよね。
自分が運転をしないと、運転中に男性が彼女にどんなことをして欲しいと思っているのか、女性はイメージしずらかったりします。

置物になってしまったり、思わず助手席ですやすや寝ていては、彼に内心「それはちょっと」と、思われている可能性があります。
このページでは思わず男性が嬉しくなるような彼女の「助手席での仕草」4つを紹介します♪

(1)ドライブコースをあらかじめ調べておく

『自分が運転する分、フォローしてくれるのが嬉しい』(26歳/講師)

行き先が決まっている場合、パーキングエリアや最寄のスポットをあらかじめ調べておきましょう。
長時間ドライブになると、途中で集中力が切れてしまったり、トイレに行きたくなったのに場所がわからないなんてトラブルもあります。

気分転換ができるようなスポットをあらかじめ調べておくと、彼が疲れているように感じた時もすぐに、休めるような場所を提案できます。
「○○にパーキングエリアがあるので休憩しよう。」など彼女の方から言ってくれると、自分のことを気遣ってくれていると、男性は嬉しくなります。

(2)ガムや飲み物など気分をリフレッシュするものを差し出す

『気遣いにも差し出し方にもキュンとくる』(25歳/公務員)

運転中に彼女から「はい、あーん」と、気分がリフレッシュするような食べ物や飲み物を差し出されると、女性らしい気遣いにムネキュンしてしまいます。
飲み物を差し出す時はこぼれないようにストロー付のパックジュースなどを飲ませてあげると良いですね。

(3)バック駐車の時に自分も後方を見て「オーライ」と言う

『一緒になって確認してくれる姿が嬉しい』(29歳/製造)

さりさりげなくナビをしてくれたり、助手席側方向から車が来ていないかなど、見てくれる女性は男性も好感度が高いです。
自分も運転しているような気分で楽しんでいる彼女のことを、男性は可愛く感じます。
バック駐車の時はちょっとオーバーに振り返り一緒に後方確認をすると、より接近度合いが増して思わずドキドキしてしまうのです。

(4)髪を耳にかける

『本人は無意識でも、こちらは視界に入るとドキドキ』(30歳/販売)

運転している時は左右を確認するので、助手席に座っている彼女の横顔が視界に入ります。
実は女性の耳から首元までのラインが好きな男性って多いものです。
さりげなく髪を耳にかけると男性の好きな部分が程よい距離で目には言えるで、運転しながらも男性はドキドキを隠せません。


男性がドキドキする「助手席での仕草」4つを紹介しましたが、いかがでしたか?
ドライブ中に彼女のさりげない気遣いや仕草に男性はドキドキしてしまいます。
参考にして、あざと可愛い仕草を身に付けましょう♪

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む