いつもは、男性がリードするのが基本。
しかしたまには男性だって彼女にしてもらいたいこともあります。
男性がエッチのときに、求めるのはどんなことなのでしょうか。

今回は、エッチ中に彼女にして欲しいことについてご紹介します。

(1)恥じらってほしい

『堂々と服を脱がれると、なぜか興奮しない。恥じらいは大事』(27歳/証券)

何回も彼とエッチをしていると、裸が当たり前になるもの。
しかし恥じらいのない女性は、男性からすると燃えません。

恥じらい=女性らしい、と思っているのが男性。
そのためエッチのときは、恥ずかしさをだしてほしいと思っています。

堂々と服を脱ぐのではなく、男性に脱がせること。
手や布団で顔を隠すなど、恥じらいを上手に見せていきましょう。

(2)フェラしてほしい

『フェラして、なんてこっちから言いにくいから、こっちが愛撫したらしてほしい』(30歳/コンサル)

男性に攻められても、お返しをしない女性っているもの。
それは男性からすると、残念度MAX。

しかも男性は「フェラして」なんて自分から言えません。
男のプライドが邪魔するので、フェラしてもらったらお返しを忘れずに。

(3)喘ぎ声が聞きたい

『喘ぎ声がないと、気持ちよくないのかなって思う。興奮するし、喘ぎ声は聞きたい』(35歳/マーケティング)

女性によっては、エッチのときマグロになっている女性っているもの。
声も上げず、動きもしないマグロ女。
男性は、そんな女性が嫌なのです。

そこまで積極的にならなくても、喘ぎ声はとても大事。
男性が攻めてくれることに、気持ちいいよと返事をしているのです。
それがわかるだけで、男性はかなり興奮しますよ。

(4)騎乗位がしたい

『いつも正常位だとつまらない。上になって乱れる彼女を見たい』(29歳/広報)

たいていエッチをするときって無難に正常位ですよね。
もちろん気持ちよくて楽な体位ですが、たまには違う体位をしたいもの。

なかでも男性の憧れは騎乗位。
いつもは上からだからこそ、たまには下からあなたを見たいと思っているのです。
ちょっと乱れる彼女の姿がエロくたまらないのだとか。


いかがでしたか。
エッチ中に男性がしてほしいことは、女性らしさ+積極性を出すこと。
恥じらいつつも、上手に攻める女性が愛されますよ。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む