たとえおしゃれなアイテムをコーディネートに取り入れても、なぜかダサ見えすることってありますよね。
男性はそんなファッションセンスがない女性にドン引きすることもあるようです。
そこで、彼女にして欲しくない「ダサ見えコーデ」をご紹介します。

(1)露出度の高いファッション

『オフショルがぶかぶか過ぎてだらしなかったりする服は彼女が着てたら引くな』(27歳/インテリア)

露出度の高いファッションは、奇抜な印象につながります。
デザインがおしゃれなアイテムも、露出が多い着こなしをするとダサ見えしてしまうことも。
一枚で着ると露出度が高くなるようなアイテムは、カーディガンなど重ね着するとおしゃれに着こなすことができます。

露出度が高いファッションは男性が最も彼女に着て欲しくないと思っているケースが多いことを頭に入れておきましょう。

(2)若作り

『やっぱり隣を歩くなら年相応の見た目で大人の女性がいい』(30歳/商社)

ミニスカートや原色系の色合いなど、若々しい印象のファッションは男ウケしません。

子どもっぽく見えるようなファッションより、男性は自分の彼女には落ち着いた大人っぽいファッションを求める傾向にあります。
そのため、若作りしていると思われるようなコーディネートは避けることをおすすめします。

(3)フリフリ

『フリフリすぎると幼く見える上に、安っちいんだよね』(27歳/金融)

フリルがついたアイテムは、女性らしさを引き出すにはぴったりと言えます。
しかし、全体的にフリフリしすぎるとダサ見えすることも。

フリルをコーディネートに取り入れる際には、アクセントとして上手く使うことで、ダサ見えを避けるよう心がけましょう。

(4)大袈裟なブランドロゴ

『なんのアピール?って思う。服に着られてるとゆうかさ』(29歳/営業)

高級なブランドの服は、大袈裟なロゴが入っているとダサ見えすることにつながります。
全身ブランドロゴの入ったコーディネートは、男性からすれば一緒に歩くのが恥ずかしいと感じることも。
そのため、ブランドの服はさりげなくコーディネートに取り入れるよう心がけましょう。


ダサ見えするコーディネートは、男性にドン引きされることにもつながるので避けたいところですよね。
男性が彼女に着て欲しくないようなファッションは、デートの際には特に避けることをおすすめします。

(恋愛jp編集部)