女性は気になる彼とのことであれば、時にはたとえ火の中水の中。
それでも男性はそんな女性にはちょっぴり鬱陶しさを覚えてしまいます。

今回は男性が萎える「重すぎLINE」を4つご紹介します。

(1)文章が長いLINE 

『途中で読む気も失せるし、返事もテキトーになってしまう』(24歳/広告)

文章が長いLINEは彼にとって鬱陶しいLINEのひとつ。
とくに、興味もない報告LINEだと、男性は何を返事していいのかわからなくなります。

「で?」という気持ちになってしまうでしょう。
あなたの望む返事はなかなか帰ってこない可能性が高いです。

(2)話の内容が重いLINE 

『返信に困るし、これLINEで話す必要ある?と思う』(25歳/営業)

あなたの過去のトラウマ話や辛い話のLINEは、彼は鬱陶しいと感じるかも。
男性は基本的に自分がエネルギーを使わなければいけない時間以外は、リラックスしたいと考えています。

これから一緒にいるのであれば、ある程度話す必要はあると思いますが、
できればLINEではなくて直接会って話した方がお互いにいいかもしれません。

(3)「私のこと好き?」確認LINE 

『あまりにも回数が多すぎるとウンザリ』(29歳/金融)

昨日も言ったのに「私のこと好き?」と彼に何度も聞く愛している確認LINEは多くの男性が苦手。

付き合ったばかりのラブラブモードの時ならいいかもしれませんが、実際にこれが多くなってくると、男性は「自分は信頼されていないのか?」と思い始めます。

あなたは不安で何度も聞きたいのかもしれませんが、その気持ちを何か自分のためになるところにぶつけてコントロールしてみて。

(4)とにかくしつこいLINE 

『ちょっと返事が遅れただけで……先が思いやられます』(28歳/メーカー)

彼が忙しい時にすぐに読めなかったり返信できなかったときに出てくる、LINEスタンプの嵐。
男性はしつこいLINEがとても苦手。

なんだか自分には荷が重い気がする、と思って離れていってしまうことでしょう。
ベストなのはあなたがあなたの時間を楽しんで、彼との共有の時間はさらに2人で楽しむこと。
それを忘れずに楽しくLINEをしていきましょう。


いかがでしたか。
男性が萎える「重すぎLINE」は意外と女性同士でも「重いな」と感じるかも。

もしあなたが「重すぎLINE」を送ってしまったらちょっぴり距離を置いてみて、また送信してみましょう。
あなたと彼が楽しくLINEできますように!

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む