女性にとってはLINEってもはや生活の一部ですよね。

女性が他愛のないLINEのやりとりを好むのに対して、男性はあくまで連絡手段のツールとして、LINEを使います。

男女間でそもそも考えが違うため、毎日のLINEのやりとりも男性からすると意味のないやりとりにみえて自然消滅になりがちです。

このページでは、男性を飽きさせないような意外な「かわいげLINE」のポイント4つを紹介します。

(1)基本長文は避ける

『長文は基本的に読む気が失せてしまう』(28歳/SE)

LINEの長文って見るだけで疲れてしまいますよね。
夜のリラックスタイムに長々としたLINEを送られると思わず既読スルーしたくなってしまいます。

そんなことにならないように基本的に長文は避けましょう。
ノリッコミのような感じで、スタンプを使って相手のLINEに楽しく返信すると楽しく盛り上がります。

(2)相手のペースに合わせる

『返信があまりにも早すぎるのはせかされてるようでちょっと疲れる』(25歳/営業)

LINEをやりとりする時は相手のペースを考えるようにしましょう。
ゆっくりペースの人に矢継ぎ早に返信をすると、せかされているような気がしてしまいます。

あくまで相手のペースに合わせて、物足りないなと感じるくらいが、長続きする秘訣です。

(3)聞き役に回る

『聞き上手な女性っていいですよね!』(31歳/IT)

LINEの内容に困ったら彼の好きなことや興味のある話を振ってみましょう。
得意分野の話を振られて、嫌な気持ちになる男性はいません。

自分が会話をリードするよりも男性側にリードしてもらうとうまくいきます。

(4)毎日○時という習慣をつける

『毎日決まった時間にLINEが来てると、いつも俺のことを気にかけてくれてるんだなって思ってちょっとほっこり』(29歳/アパレル)

朝起きて顔を洗うように、毎日○時にLINEをするという習慣づけをすると、もはやLINEをするのがあたりまえになります。

忙しい時や都合が会わない時など、返信がない日は「お疲れ様」などの短いメッセージだけ送るのも効果的です。

さりげないあなたの気遣いが嬉しく感じるでしょう。


男性を飽きさせない!意外な「かわいげLINE」4つを紹介しましたが、いかがでしたか?

LINEのやりとりは気づけば自分が主導になっているあなたも、男性のペースに合わせると彼も負担を感じることがないでしょう。

参考にして、お互いが楽しめるようなLINEのやりとりをしましょう♪

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む