今回は、短命カップルにありがちなイチャラブLINEを大公開!
大好きな彼がいる人は、自分たちに当てはまるものがないかしっかりとチェックしていきましょう。

(1)愛の言葉を秒刻みで連発

『大好きとか愛してるってLINEを毎日送っていたのに6日で別れちゃいました』(28歳/飲食)

愛の言葉をLINEで送り合うことも1つの愛情表現です。
しかし連発していると、特別感がなくなってしまうので要注意!

愛の言葉は時々囁くからこそ絶大な効果を発揮するので、連発してしまっている人は頻度を少し抑えてみましょう。

(2)即既読即返信

『即既読して即返信するときはだいたい長続きしない』(29歳/営業)

好きな人からのLINEは、なるべく早めに返信したいものですよね。
しかし「返信しなくてはならない」という義務感を覚えてしまうと、苦痛に感じてしまいやり取り自体も作業化してしまう恐れがあります。

送りたい時に送ると少し軽めに捉えていた方が吉と動く場合もあるので、リラックスした気持ちで彼とのLINEに向き合いましょう。

(3)毎日欠かさずLINEを送る

『関係を深めたくて毎日LINEを送ってるんですけど、だいたい2か月くらいで別れてしまいます』(30歳/企画)

毎日欠かさずLINEを送ってしまうと、マンネリに拍車をかけてしまう恐れがあります。
ときには一歩引いて彼を焦らしてみると、程よいスパイスが加わって関係が深まるかもしれませんね。

(4)自撮り写真をたくさん送る

『自撮り写真をたくさん送り合ってるときは楽しいんですけど、ネタが尽きたら盛り上がっていた時が嘘のように冷めます』(25歳/IT)

大好きな人の写真は、たくさん欲しくなるものですよね。
しかしあまりにも自撮り写真ばかり送っていると、ネタが尽きてしまいLINEのやり取りが減ったというカップルも少なくありません。

自撮り写真はここぞという時にとっておいて、文章やスタンプを活用したLINEを楽しみましょう。


恋が燃え上がっている期間は、多少ムリをしてでもLINEを送りたくなるもの。
しかしその寿命は決して長くはないようです。

そう考えると付き合いが長く続くためには、自然体を意識することが1番大切なのかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む