皆さんはピアスについてどこまで意識していますか?
ピアスといえども、ただの耳飾りではありません!
顔の形やコーデによって似合うものが変わってくるのです!

そこでおしゃれな女性が使い分けるコーデなどにハマる「ピアス選び」のコツをご紹介します。

(1)丸みを持ったピアス

『主張しすぎない控えめなピアスが好印象ですね』(28歳/商社)

丸みを持ったピアスは控えめコーデにピッタリです。
顔の形は主に四角い人が付けたほうがいいピアスとなっています。
エラを目立たないようにするのがポイント。

控えめな丸い形は落ち着いた服装にピッタリ。
大人で上品なデート先にぜひ付けていきたいピアスです。

(2)卵型のピアス

『可愛いコーデに可愛いピアス、まさに理想の彼女!』(25歳/美容師)

卵型のピアスは丸形に近いながらも、落ち着いたコーデだけでなく基本的にどんなコーデでも似合うピアスとなっています。
どんな顔の形も似合うピアスです。

強いてあげるなら、ニットのような女性らしい可愛い服装がぴったりです。
大人上品なデートにおすすめな丸みあるピアスと比べ、普段デートにオススメなピアスですよ。

(3)模様付きのピアス

『個性的な服の子にはピアスも猫とかカラフルとかが似合う』(32歳/サービス)

模様付きのピアスというのはあまり付ける機会が少ないかと思います。
というのも、あまりシンプルコーデには似合わないピアスだからです。
オフィスカジュアルなどには、ピアスだけが浮いてしまいます。

原宿などに売っているような古着にこういった模様付きのピアスが似合います。
耳元までおしゃれに気を使っているということが男性にも伝わりますよ。

(4)長さのある下がったピアス

『ゆらゆらするピアスって女の色気もあってついみちゃうな』(29歳/広告)

長さのある垂れ下がったピアスを利用する際オススメなのが、丸顔の女性です。
丸顔というのは顔の縦横比が同じなので童顔に見えがち。
長さのあるピアスを付けることで、顔をほっそりと見せ大人っぽい印象を与えます。

大人カジュアルなコーデから、甘いガーリーコーデまで何でも合う万能ピアス。
ただ甘いコーデとは言ってもピンクなどで合わせるのではなく、ブラウンといった少し大人めの色をチョイスしましょう。


いかがでしたか?
今回は、コーデにハマる「ピアス選び」のコツについてご紹介しました。
ピアスには顔の形やコーデによって合う合わないがあるので、こちらをぜひ参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)