彼への不満を伝えたいけれど、喧嘩になるのは嫌だし……と悩んでいる女性も多いのでは?
正しい不満の伝え方を知れば、彼と喧嘩にならずにスムーズに意見を伝えることが可能です。

そこで今回は、長続きするカップルが実践している「愛のある意見の伝え方」を4つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)冷静に伝える

『お互いに嫌なことは冷静な時に話すようにしています』(30歳/広告)

彼への不満を伝えるとき、一番大切なのは冷静に伝えるということです。
今まで我慢して言えなかったからといって、感情的になってはNG。

感情的になればなるほど、聞く耳をもってもらえません。
あなたが彼に伝えたいことを、冷静にゆっくりと伝えることで、彼も話を聞いてくれる姿勢になってくれます。

(2)彼がリラックスしている時に伝える

『イライラしてる時にそれは嫌だって言われても聞ける訳ないですよね』(25歳/販売)

彼に意見を伝えるタイミングもとても大切。

気になった時にすぐに伝えたい気持ちもわかりますが、彼が疲れている時や落ち込んでいる時などは避けた方がいいでしょう。

彼がリラックスしている時がベストなタイミングです。
彼の様子をしっかりと観察して、タイミングを見計らって伝えるようにしましょう。

(3)伝えることは1つにする

『言いたいことを沢山並べ立てられたらどれから答えていいか困惑しますよ』(28歳/インテリア)

彼へ伝えたいことがたくさんあったとしても、一度で全てを伝えようとするのはNGです。
あれもこれもと不満を並べるのは、面倒くさいと思われてしまう可能性があります。

まずは聞く耳を持ってもらうことが大切。
面倒くさがられないように、伝えることは1つに絞りましょう。

(4)彼の意見を否定しない

『ちゃんと相手の話を聞いた上で話すようにしていますね』(35歳/商社)

冷静にベストなタイミングで彼に不満を伝えたとしても、彼が反論してくる可能性はゼロではありません。

そんなときでも、彼の意見を否定するのはグッと我慢しましょう。
まずは彼の意見を聞いてあげることが大切です。

あなたが彼の話をちゃんと聞いてあげるようにすれば、彼もあなたの話をしっかりと聞いてくれるようになります。
大きな心で接するようにしてみてください。


いかがでしたか?
今回は、長続きするカップルが実践している「愛のある意見の伝え方」を4つご紹介しました。

あなたの意見をきちんと聞いてもらうためにも、伝え方には気をつけてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む