今回は男性の心をときめかせるあざといキメ台詞に密着!
あざといけど可愛い……そんなワードを投げかけて、彼を思いっきりドキドキさせちゃいましょう。

(1)「はじめて」

『男性と動物園に来たのはじめてって言われて、そんなわけないだろと思いつつすごく嬉しかった』(30歳/営業)

今回男性からとくに人気を博していたワードは「はじめて」でした。
女性のはじめてに選ばれたことが嬉しいという意見が多く、優越感に浸れるようです。
独占欲の強い男性ほど効果的な言葉なので、ここぞという場面で活用しましょう。

(2)「〇〇君と付き合えた人は幸せだね」

『自分と付き合えた人は幸せって言われたら嫌でも意識しちゃうでしょ』(25歳/飲食)

男性を褒めて意識させたい人は、この言葉が1番効果的です。
「彼女いないんだよ」という流れになれば、いい雰囲気になるのは間違いないでしょう。

(3)「好きになっちゃうよ?」

『好きになってもいい?と可愛く聞かれて、こっちが好きになった』(26歳/製造)

女性に「好きになっちゃうよ?」と可愛く言われて、心をときめかせない男性はいないでしょう。

万が一彼が乗り気でなくても、「冗談だよ」で乗り切れるのも嬉しいポイントです。

(4)「1番〇〇」

『1番仕事ができるねって言われた時はすごく嬉しかったなぁ』(28歳/IT)

競争社会で生きている男性にとって周囲の男性より自分の方が優れていると言われれば、もはや気になるのは必然です。

男性のプライドを上手に揺さぶって気になる女性にランクインしましょう。


女性からするとあざといと思われがちな言葉は、男性の心に響き渡るケースが多いです。
あざといからこそ可愛いキメ台詞で、大好きな彼のハートを独占しちゃいましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む