モテる女子はLINEのやり取りでもさまざまなテクニックを使っています。
ずっと途切れることなくLINEをしなければいけないと頑張っている……その方法は正しいでしょうか?

今回はモテる女性が使っているLINEの駆け引きテクニックを伝授します。

(1)LINEを返す時間帯を決めている

『いつでもすぐにLINEが返ってくる子より、決まった時間にしか返ってこない方が自分の時間も充実させている子なんだなぁって思います』(30歳/人事)

せっかく気になる彼からLINE、すぐにでも返したい気持ちになりますよね。
仕事のお昼休憩、電車の中、夜寝るまでの時間……。

逐一彼からの連絡があれば返していて毎日寝不足。
それでは一人の大人の女性として魅力が半減してしまいます。

しっかりLINEを返す時間を決め、寝るときはしっかり寝る!
徹底して彼を追う女性ではなく、彼に追われる女性になりましょう。

(2)連絡は朝がオススメ!

『1日のはじまりに仕事を頑張れるようなLINEくれると嬉しいな』(32歳/マーケティング)

リラックスタイムを狙った夜の時間帯に連絡をとるといいというのはよく聞きますよね。
実際彼がリラックスしている夜にLINEしてもいいのですが、もしライバルがいる場合は朝にしましょう。

朝の連絡は盲点です。
夜とは違い、一日明るく元気に頑張れるようなLINEを送るのです。

朝に印象に残るLINEを送ることで、夜まで彼の頭の中はあなたがジャックしたようなもの。
あなたの言葉で仕事も頑張れ、出社時には晩御飯のお誘いがあるかもしれませんよ。

(3)既読スルーはOK

『既読スルーはそこまで気にならない。後で返信くれるなら別に構わない』(28歳/美容師)

モテる女は既読スルーをすることが多いです。
男性自身既読スルーされることを女性ほど悪いことだと思っていません。

だから「いつ返してくれるかな……」と楽しみに待っていることでしょう。
ここで大切なことは未読のままにしないこと、遅れても必ず当日中に返信すること。

未読のままにすると興味も関心もないのかと男性は落胆します。
また必ず当日中に返信をくれているという信頼から、男性は楽しみに待つことができるのです。

(4)他の男性の存在をちらつかせる

『やっぱり他の男の存在は気になる……』(30歳/SE)

ちょっとさあ……なんて意味深なLINEで他の男性に言い寄られていることを暴露してみる。

そんな男性がいなくても彼をひきつけるための多少の嘘はOKです。
でも彼との関係性を判断してから。

彼の好意が感じられる場合には、効果も抜群に発揮します。
「俺が彼氏役で出ていってあげようか!?」なんて興奮状態で言われちゃうかも。

でもあなたに関心がない男性の場合にこのテクを使ってしまうと、適当にあしらわれるのでここの判断はとても重要です。


LINEで駆け引き上手になるには、彼との距離感、親密度が分かっている必要があります。
これらの駆け引きの仕方はすべて彼があなたを気になっている前提です。

彼の気持ちがあなたに向いていたら効果は最大限に発揮されますのでぜひ使ってみてくださいね。

(恋愛jp編集部)