好きな彼とのLINE、返信がないとどうしても気になってしまいますよね。
既読は付いているのに返信がないと、不安になるもの。
そこで今回は、LINEの既読は早いのに返信が遅い理由を、紹介していきます。

(1)仕事やプライベートで忙しい時

『仕事中、チェックはするけど、返信は落ち着いてからにしている』(29歳/アパレル)

仕事中や飲み会、人と会っている時などは、返信できない時。
とりあえずLINE確認はするけれど、返信する時間がないことが理由です。

この場合は、空いている時間で返信してくれるので、待っておきましょう。
明らかに忙しい時間と分かっていながら、返信を催促する行為だけは絶対にNGですよ。

(2)内容をきちんと考えて送りたい時

『好きな子には少しでも誤解されたくないから、きちんと考えて送りたい』(32歳/証券)

好きな人にLINEを送る時って、なんども文章を書き直したりしませんか?
相手がどのように受け取るか考えながら文章を推敲しますよね。

男性だって同じ。
きちんと内容を考えて送りたい時は、どうしても返信までに時間が掛かるもの。
これは、相手に良く思われたいので、脈アリの可能性大です。

(3)ガッついていると思われたくない

『即レスしたら、待ってたって思われて恥ずかしいから』(26歳/SE)

LINEテクニックで、駆け引きすることがありますよね。
即レスすると、ガッついているように見えるので、あえて少し時間を置いてから返信するテクニック。
これを使っているので、返信が遅れているのかも。

即レスして、相手に引かれるのを避けるために取っている行動です。
相手から良く見られたいからこそ、そのようなテクニックを使っています。

(4)なんて返信したら良いか分からない

『つぶやきみたいなLINEを送られても、なんて返したら良いか分からないよ』(27歳/広報)

LINEの内容に興味がない、またはなんて返したら良いか分からない場合は、返信までに時間が掛かります。
考えても分からない場合は、既読スルーすることも……。

この場合は、あなたの内容に問題があるのかも。
相手が返信しやすい内容にすることが大事。
一方的な報告や踏み込んだ質問をしていないか、確認してみましょう。


返信が遅いと、脈ナシなのかなとネガティブに捉えてしまうこともありますよね。
しかし、返信が遅いからといって脈ナシとは限りません。
あまり気にせず、気長に待つようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む