今やLINEは、欠かせないコミュニケーションツールですよね。
中でも、絵文字やスタンプはトークを盛り上げる必須アイテム。
だからこそ、使い方にセンスが表れるもの。

そこで今回は、男がかわいすぎと思う「LINEの絵文字スタンプ」使い方を、紹介していきます。

(1)女性らしさ

『ギャグ系とかウケ狙いとか、面白いけど色気は感じない』(33歳/コンサル)

面白系やギャグ系の絵文字スタンプは、盛り上げるために使っていることも多いと思います。
しかし、意中の相手に使うことはなるべく控えたほうが無難。

やはり女性らしく可愛らしい絵文字スタンプが男性には好印象です。
男性でも使えるものではなく、女性だからこそ使えるものを選んでみて。

(2)感情を表現

『わかりやすく喜怒哀楽を絵文字スタンプで表すのって可愛い』(31歳/不動産)

絵文字スタンプは、感情を表現することに適しています。
だからこそ言葉で送るのではなく、感情は絵文字スタンプで表現しましょう。

そうすることで、より感情豊かな表現方法になり、女心が分かりづらい男性にも伝わるもの。
少し大袈裟な感情表現でも、絵文字スタンプなら使えることありますよね。

「嬉しい」と言葉にするより、とても嬉しそうな絵文字スタンプをチョイスしてみて。

(3)相手の好きなキャラクター

『自分がハマってるアニメキャラのスタンプを送ってきて、自分のためにわざわざ選んでくれたのかなって』(27歳/アパレル)

意中の人の好きなキャラクターを知っているなら、その絵文字スタンプを使ってみましょう。
自分のために使ってくれてると分かれば、嬉しく思うもの。

彼がそこに食い付いてきたら、「○○くんが好きだと思って使ってみた♪」と伝えてみて。
自分のために絵文字スタンプを選んで購入してくれたことを、悪く思う人はいませんよ。

(4)特別な日だけ凝ったデザイン

『いつもはそんなに絵文字は使わない子が、誕生日に可愛く絵文字を使ったメッセージをくれて、わざわざ考えてくれたと思ったら嬉しかった』(25歳/商社)

毎回たくさんの絵文字スタンプを駆使した文章は、男性にとっては疲れるもの。
女性同士ならば良いですが、慣れていない男性にとっては読みづらいトークになります。

しかし、特別な日は絵文字スタンプを駆使してOK。
特別な日だけ凝ったデザインを送ることで、わざわざ装飾してくれたことに特別感が出ますよ。


友達や彼とのコミュニケーションはもちろんですが、意中の人と距離を縮めるにもLINEは活躍してくれます。

LINEだからこそ、言葉で表現できない感情なんかも伝えることが可能。
女性らしく可愛いと思ってもらえる絵文字スタンプを選んでみて下さいね。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む