男性にとって、デート誘いやすい人と誘いにくい人は大きく印象が違うといいます。
デートに男性から誘われることが少ない……という人は、もしかすると誘いにくい人認定されてるのかも。

そこで今回は、男性にとってのデートに「誘う」or「誘わない」の基準をご紹介していきたいと思います。

(1)女性らしさのある人は誘いたい

『一緒にいたいな、と思えるので』(29歳/エンジニア)

男性がデートに誘うかどうかは、相手の女性らしさが基準となる場合が多いんです。
それはなぜかといえば……やっぱりデートでは、二人きりで良い感じのムードを味わいたいからでしょう。

女性らしさのある人は、品があって可愛いと思えることが多かったりなど恋愛を意識することができるもの。
ですが女性らしさのない人には、一緒にいてもときめくことはありません。

そのため男性にとっては、デートに誘うなら相手に女性らしさがあるかどうは大事なポイントになるんです。

(2)リアクションの良い人も誘いたい

『反応がある子の方が、楽しそうにしてくれるのでこちらも楽しくなる』(28歳/公務員)

リアクションの良い人を誘いたくなる心理も強いでしょう。
行き先を提案して楽しみだとひたすらアピールしてくれたり、実際にデート中に嬉しそうにしてくれたり……。

そんなリアクションの良い人は、デート中も一緒に過ごしていて楽しいものです。
誰だってデートでは気まずい思いをしたくないですからね。

(3)子どもっぽい人は誘わない

『友達止まり……かな』(25歳/営業)

男性は、子どもっぽい女性はデートにはあまり誘いません。
子どもっぽい女性はどちらかと言えば妹のような感じにしか見えず、一緒にいても恋愛的な雰囲気になれるイメージがないんです。

だからこそ人柄は良くても、子どもっぽい人は「デートはいいかな」と友達止まりにされがちです。

(4)話がつまらない人は誘わない

『一緒に出掛けたところで気まずいだけだなと思ってしまうから』(24歳/通信)

話がつまらない人は、当然ながらデートにはなかなか誘われないでしょう。
デートでの沈黙や、話がかみ合わない感じは気まずさしかありません。

話をしても反応が薄かったり、共通の話題がなさすぎる人は、デートで一緒にいて楽しいと思う方が難しいですよね。
話がつまらないという印象を抱かれがちな人は要注意。


いかがでしたか?
男性にとってデートは、ときめきがあるかどうかという点が重要になります。

デートに誘われやすい人になるためには、まずは女性らしさやリアクションの良さに気をつけたいところですね!

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む