「彼は本当に私のこと好きなのかな?」なんて心配する必要もないほど溺愛されてみたいですよね。
しかし溺愛されるにはどうしたらよいのでしょう?
溺愛される女性のLINEの特徴を見てみましょう。

(1)いつもポジティブ

『いつ連絡してもご機嫌な子っていいよね!』(28歳/人事)

重苦しいLINEばかり送っていると、彼に溺愛してもらえません。
溺愛されるような女性が送るLINEはいつもポジティブ。
彼女からのLINEを見ると元気が出るので、彼はLINEのやりとりが楽しみになってくるでしょう。

LINEはポジティブ、デートではいつもご機嫌。
こんな女性が男性から溺愛されます。

(2)彼にスケジュールを合わせすぎない

『自分の思い通りにいっちゃうと、張り合いがない』(30歳/商社)

彼から誘われたら予定をキャンセルして駆けつけるような女性だと、都合のいい女になってしまいます。
自分にメロメロな女性だと、男性は安心してしまい、追いかけたいとも思わなくなってしまうもの。

溺愛される女性は、無理して彼に合わせたりしません。
「その日は都合が悪いから、来週の〇曜日はどう?」と別の日を提案してきます。

彼の思い通りにはなりませんが、別の日を提案してくれるので会えないわけではありません。
簡単に思い通りにならない女性の方が、男性に溺愛されるのです。

(3)「楽しみ」ってデート前日にLINEする

『可愛い♡こっちもデートの日が楽しみになる♡』(25歳/イベント)

彼とのデート前日には、楽しみにしてることをLINEで伝えるのが溺愛される女性。
「明日のデート楽しみだな~」「早く会いたい」など、彼が嬉しくなるようなLINEを送ります。

デートを楽しみにする可愛いLINEをもらったら、彼もますますデートが楽しみになり、彼女のことが愛おしくなるでしょう。

(4)デートの後はLINEでお礼を

『次のデートまでにまた色々楽しいことを企画したくなる!』(23歳/アパレル)

初デートのときは、家に帰ってから「今日は楽しかった!ありがとう」とお礼のLINEを送る人が多いでしょう。
しかしデートを重ねるごとに、彼への感謝の気持ちも薄れていく人が多いのでは?

溺愛される女性は、彼とのデートに慣れても感謝の気持ちは忘れません。
今日楽しかったことや嬉しかったことなど、自宅に帰ってから「今日はありがとう」のLINEを欠かさないので彼は溺愛してしまうのです。


溺愛される女性のLINEは男性を気分よくさせてくれますが、決して彼に尽くしているわけではありません。
可愛いLINEを送ってくれるけど、依存していないところが彼にとっては溺愛ポイントとなるのでしょうね。
彼にもっと愛されたい人は、溺愛される女性のLINEのコツをつかみましょう。

(恋愛jp編集部)