「バカだけど可愛い女性」と「バカな女性」の差は大きいです。
男性に愛されるのはもちろん「バカだけど可愛い女性」の方。
ちょっとバカっぽいけど可愛く思える彼女のLINEをご紹介します。

(1)言葉の使い方がおかしい

『言葉の使い方がおかしいと、ちょっと抜けてるなぁって思って可愛く見えます』(31歳/SE)

同じ意味の言葉が二重になってしまうことってありますよね。
彼女のLINEで「頭痛が痛いよ」など、ウケ狙いではなく本気で使っていると、男性は「バカだけど可愛いな」って思うようです。

バカっぽいですが、誰でもやりがなミスですよね。
言葉の使い方はおかしいですが、バカすぎて心配というほどでもないので彼をクスっと笑わせてしまいます。

(2)ちょっとしたことでも褒めてくれる

『ちょっとバカっぽいけど、励まされるし嬉しいですね(笑)』(27歳/アパレル)

彼女が褒めてくれると男性は誇らしい気持ちになります。
ちょっとしたことでも「〇〇君、すごい!」って褒めてくれる彼女は、少しおバカっぽいけれど男性にとっては可愛く思えてしまいます。

自分を褒めて元気づけてくれる彼女を愛さずにはいられないでしょう。

(3)知らないことを「知らない」と言える

『知らないことをきちんと知らないって言って聞くことができるのはえらいと思う』(30歳/マーケティング)

大人になると「知らない」というのが恥ずかしくて、つい知ったかぶりをしてしまうことがありませんか?
知ったかぶりをしたせいで、話しの内容がまったくわからなくなることもあるでしょう。

ちょっとおバカだけど可愛い女性は素直なので、LINEでも「〇〇って何?どういう意味?」と聞くことができます。

男性は「おバカだな~」と思いながらも素直に聞くことができる彼女を可愛いと思ってしまうのです。

(4)失敗しても明るい

『ポジティブな女の子っておバカっぽいけど、明るいし嫌な気持ちにはならないよね』(30歳/IT)

仕事でミスしたりしても落ち込む様子もなく、LINEで明るく報告してくる彼女。
おバカっぽいけどポジティブなので、男性は彼女のことが可愛く思えてしまいます。

男性にとってはネガティブな彼女よりも「次は頑張る」って前向きな発言が多い彼女の方が可愛いものでしょう。


知的で完璧な女性よりも、おバカな女性の方が男性を楽しませてくれます。
褒めてくれることも多いので、男性は自尊心をくすぐられるでしょう。

すべてを真似する必要はありませんが、愛されキャラでもあるおバカで可愛い女性のLINEには、学ぶところも多いのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む