彼を香りでメロメロにさせるには香り選びもかなり重要。
必ずしも香り=香水ではなくて、男性が喜ぶ女子が当たり前につけているものがあります。
どんな香りが男性の好みなのか、そして香りの効果的なつけ方とは?

(1)ヘアミストは髪の毛内側にシュッ!香りをこもらせる

『隣でふわっといい香りがするとキュンとする』(31歳/企画)

ヘアミストを使って香りを持続させるポイントは髪の毛内側に吹きかけること。
髪の毛表面ではすぐにその効果はなくなります。

香りを長続きさせるには内側に吹きかけて香りを髪の毛内にこもらせましょう。
彼の隣を歩くとき、髪の毛が揺れて程よい香りを漂わせます。
彼も漂ってくる程度の香りが好きなので、3回プッシュくらいで十分です。

(2)ボディクリームを全身に!関節部分にとくにしっかりと塗る

『近づくと香るいい香りにドキドキ!』(29歳/美容師)

ボディクリームは香りもきつくないので男性ウケすること間違いなしです。
さわやかに香ってくるのでついついクンクンしてしまうのではないでしょうか。

全身に塗ることはもちろんのこと、ひじやひざなど関節部分にしっかりと。
服の奥から香る優しく癒される香りに彼もうっとりしちゃうかもしれません。

(3)香水は手首の少し肘側と耳の裏がオススメ

『なんとなく香ってくるくらいさりげない香水が好きですね』(31歳/人事)

香水は少し扱い注意です。
自分ではそこまで香らせているつもりはなくても、周囲にはムンムンに香りを漂わせてしまっていることがあります。

きちんと香っているのかな?と感じるぐらいがちょうどいいのかもしれません。
香水は皮膚が薄く、あまり動かさないところにつけるのがポイントです。

動かす回数が多いとそれだけ香りがすぐになくなってしまう。
手首の少し肘側と、耳の裏につけるだけでも心地よい香りを彼へ運んでくれますよ。

(4)ハンドクリームは香りつきのものをチョイス!薄く重ねづけ

『香水がきつすぎるのは苦手だから、いい香りのハンドクリームくらいがちょうどいい』(29歳/コンサル)

ハンドクリームもせっかく購入するなら彼ウケ狙って香りつきのものを。
普通にハンドクリームを塗った後は、手の甲に薄く重ねづけをしましょう。
そうすることで香りが飛びにくくなります。

手の甲は彼と手を繋ぐときにも隠れないし、指先のように頻繁に動かしたりしませんよね。
だから香りを持続させることができるのです。


彼とデートに出かけるなら、ぜひステキな香りをまといましょう。
あなたからほのかに漂ってくる香りに彼はどんどん癒されていきます。
さあ、大好きな彼を今日はどんな香りでノックアウトさせますか?

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む