どんな内容であっても、LINEを送ったら返信はほしいですよね。
返信が来ない場合は、ひょっとしたらあなたが送るLINEに問題があるかもしれません。
男性から返信が来るLINEと来ないLINEの違いについて見ていきましょう。

(1)返信の必要性

『返信が必要なのかわからないやつ、意外と多いよ!』(26歳/公務員)

返信が来るLINEは、質問であったり、一言伝えたくなったりなど、返信の必要性を感じるLINE。
確実に返信をもらいたいなら、返信しなきゃいけないようなLINEを送りましょう。

一方、日記のようなLINEには返信しない男性もいます。
たとえば「新しい服買ったよ」とか「〇〇ちゃんとご飯食べてきたよ」など、いちいち報告されても返信の必要性を感じない男性も。
返信が来ないときは、相手が何て返信すればよいか困るような内容になっていないか確認してみましょう。

(2)内容のボリューム

『長いと何に対して返せばいいのかわからなくて、結果めんどくさくなる』(30歳/IT)

返信がくるLINEは、男性が読みやすい短めの内容。
2、3行なら、さっと読めて、返事もすぐにできるでしょう。

しかし、長文のLINEは読むのが面倒なので、返信が来ない原因に。
長文のLINEの中には、複数の質問が盛り込まれているものもあり、男性はめんどくさくなってしまうのです。
基本的に1つのLINEにつき質問は1つまで、行数も3行程度までにしておくと気軽に読めるため、男性も返信しやすいでしょう。

(3)送るタイミング

『仕事中とか、夜中とか、既読しつつも忘れちゃう』(28歳/美容師)

彼の仕事中にLINEしても、すぐに読むことはできません。
たとえ読めたとしても、返信は後回しになってしまいます。

返信がほしいときは、お昼休みか帰宅した頃に送るようにしましょう。
仕事中に送ると後で返信しようと思っているうちに忘れてしまい、返信がもらえない可能性が。
できるだけ彼がすぐ読めるような時間帯に送ることで、返信をもらえる確率が高まるでしょう。

(4)彼への気遣い

『こっちの都合も考えてくれてると、一言くらいならすぐ返信したくなる』(31歳/宣伝)

LINEの最初に「お疲れさま」「体調は大丈夫?」「昨日はありがとう」など、彼を気遣うフレーズがあれば、彼も嬉しくなって返信したくなります。
しかし、最初から最後まで自分のことばかりの話だと、彼はうんざりして最後まで読まず、返信も来ないかもしれません。

返信をもらうには、彼を気遣う言葉を添えてみて。


いかがでしたか?
ちょっとした工夫でも、男性から返信をもらいやすくなります。
男性から既読無視されがちな人は、参考にしてくださいね。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む