好きな彼には、自分を好きになって付き合いたいって思って欲しいですよね。
そのための効果的なアプローチ方法があるなら、知りたくありませんか?
それは男性が付き合いたいと思った決め手を知ることが大事。

そこで今回は、男性がこの子と付き合おうと思った瞬間を聞いてみました。

(1)楽しそうだと感じた時

『自分と一緒にいることを楽しんでくれる人と付き合いたいって思う』(28歳/アパレル)

一緒にいる時に、女性が楽しそうにしていると感じた時が、付き合いたいと思う瞬間。
それは自分がその女性を笑顔にさせているという自信につながるから。

男性は、自分が楽しいと思うことももちろんですが、女性がどれだけ楽しめているかが気になるもの。

一緒にいる時、いつも楽しそうに笑っていて幸せそうに見える時に、ずっと一緒にいたいと感じます。

(2)守りたいと思った時

『年上の女性が珍しく落ち込んでいて、それを励ますうちに好きってことに気付いた』(27歳/SE)

ふとした時にその女性の弱い部分を見て、守ってあげたいと思った瞬間が、付き合いたいと思うキッカケ。

男性は、好きな女性はずっと守りたいと思うもの。
その女性を守りたいと思うことは、好きなのだと判断します。

弱い部分を見せられることは、自然体で接していること。
好きな人の前ではついいい部分しか見せないようにしますが、たまには素の部分を見せることも大事。

(3)一緒にいることが心地良く感じた時

『一緒にいるとリラックスできるようになって、彼女を手放したくないって思い告白した』(30歳/商社)

その女性と一緒にいることが自然で心地よく感じた時、ずっと一緒にいたいなと思います。
それは相性がいいことだと思うので、付き合っても楽しく過ごせると判断します。

そのためには頑張り過ぎないことが大事。
肩に力が入り意気込むと、どうしても相手にも緊張が伝わります。
彼を信頼して、リラックスできることが必要ですよ。

(4)大切にしてくれていると分かった時

『自分の考えとかを理解してくれる人とは、ずっと一緒にいたいって思うかな』(32歳/コンサル)

自分のことを思う気持ちが分かった時、その人を意識する瞬間です。
それは自分のことを大切に扱ってくれていると分かった時。

たとえば自分の気持ちや考えを尊重してくれた、仕事を理解してくれたなど。
自分を大切にしてくれる女性とは、ずっと一緒にいたと思うもの。
自分の気持ちばかりを優先するのではなく、彼を大切に扱うことが大切です。


男性が付き合いたいと思った瞬間が分かれば、どのようにアプローチしたらいいか見えてきますよね。

その状況を作れば、好きな彼は一緒にいたいと思ってくれるかも。
好きな彼から、ずっと一緒にいたいと思ってもらえるアプローチをしていきましょう。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む