可愛らしく振舞っている女性でも、実は服装のせいでイメージが台無しになっている人は結構多いもの。
特に服の「安っぽさ」には男性も気づくことが多いですし、注意した方が良いでしょう。

そこで今回は、男性的に安っぽい服だな……と思うポイントをご紹介していきます。

(1)生地がちょっとヨレている

『可愛らしい服装でもヨレたりしているのが目に入ると、そこが気になって仕方ない』(31歳/公務員)

何度も洗濯して着まわしているような服は、洗濯によってどんどん傷んでいくもの。
シワが消えていなかったり、裾の方がヨレヨレになっていたり……。
特に生地のヨレは近くで見るとかなり分かりやすいものですし、男性も「あっ」と思うんだとか。

もったいない精神で昔からの服をずっと着ている人は、安っぽさが出てしまうため要注意。

(2)毛玉やほつれがある

『そこらはケアしていないのかなと残念な感じに』(29歳/アパレル)

毛玉やほつれのあるような服を着ている人も気をつけた方が良いでしょう。
なんとなく大丈夫そうな印象があっても、毛玉やほつれなどの傷みは普通に目立ちます。
いくら可愛らしいニットでも、裾の方に毛玉が大量についていたら正直男性は引いてしまうでしょう。

(3)色あせている

『大事にしているんだなとは思うけど、正直「それを着てくるんだ……」と思ってしまう』(25歳/金融)

色あせている生地にも要注意です。
何度も着ている服や、もともと安い生地の服は色あせが起こりやすいもの。

そんなの分からないだろうと思っても、意外と色褪せしている感は目立ってしまいます。
彼女のことをよく見ている彼ならなおさらですね。
全体的に薄い感じの色になった生地の服を見て、彼はちょっとうんざりしてしまうかも。

(4)サイズが合ってない

『無理して着ている感に安っぽさを覚えてしまう』(24歳/商社)

実はサイズの合っていない服にも、男性は安っぽさを感じる場合があります。
安物を買ったから、サイズが合ってないんだろう……と男性は思ってしまうんですね。
最近はちょっとブカブカに服を着こなすビッグシルエットが流行っていますが、彼には安っぽいと思われないように注意。


いかがでしたか?
どんなに可愛い服でも安っぽさが目立つと、印象はまるで台無しです。
特に傷んでいる感が分かりやすい服は、絶対にデートや合コンには着ていかない方が良いでしょう。

(恋愛jp編集部)