エッチ中に萎えられることが多いと、女性として見られることが少なくなっていきます。
とくにエッチ中に彼をドン引きさせるような発言には気をつけたいところです。
今回は、男性がガッカリするエッチ中の言動についてご紹介していきます。

(1)関係ない雑談をする

『エッチに集中してほしい!』(30歳/IT)

エッチ中にまったく関係ない雑談をされたら、さすがに微妙な気持ちを抱く男性は多いはずです。

誰だってエッチ中はその雰囲気に酔いしれたいもの。
急に全然違う話題を持ってこられたら、気持ちが萎えてしまうのは当然のことです。

仕事の愚痴や友達の笑える話など、ムードを壊すようなKY行動はやめましょう。
とくにマンネリしてくるとそういった発言をしてしまう人は多いので、気をつけたいところです。

(2)元彼と比較する言葉

『エッチの最中に元カレのこと思い出してるなんてめちゃくちゃ嫌だ……』(27歳/コンサル)

よかれと思って言った「元彼より気持ちいい」という言葉も、実際のところは彼的には複雑な気持ちです。

いくら元彼よりいいと言われても、自分とのエッチ中に別の男性の影がちらつかされるのは嫌なことでしょう。

彼を褒めるつもりでも、元彼を引き合いに出すのは絶対にNGです。
とくに元彼なんて、エッチ中には彼が絶対に考えたくない人の一人なはずです。

(3)女王様気どりなS発言

『僕は別にMじゃないし、あまりにもSな発言されるとついていけないな……』(32歳/SE)

S発言もかなり人とを選ぶので、基本的にはやめておいた方が賢明でしょう。
たまたま彼がMっ気たっぷりな男性ならいいかもしれませんが、基本的に多くの男性は引くでしょう。

ちょっと癖のある発言は、お互いの性癖をよく理解してからの方がいいかもしれません。
変な性癖の持ち主だということが分かって、一気に彼にはガッカリされてしまうかも。

(4)かなりガチに嫌がる

『嫌なら嫌でいいけどさ、言葉を選んでほしかったよ……』(29歳/アパレル)

「やめてよ!触らないで!」なんてかなりガチめに拒否されるのは、さすがに男性も嫌な気持ちになります。

男性としても「その気になれないならもっとやんわり断ってほしかった……」と傷つくでしょう。

嫌なときがあっても、さすがに言葉は選んだ方がいいかもしれませんね。


いかがでしたか?
いくら好きな彼女でも、以上のようなことを言われたら彼もさすがにガッカリするもの。
最悪の場合は別れすら考えてしまうほどかもしれないので、ぜひ気をつけたいところですね。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー