キスは、愛情を感じられるスキンシップの1つです。
しかし、キスの仕方を誤ると、彼の愛情は氷点下まで下がってしまうかもしれません。
今回は、彼が冷める彼女のNGキスを4つまとめてみました!

(1)大勢の前でキス

『ガツガツした姿にドン引きしちゃうかも……』(27歳/映像)

「キスをしたいと思ったら、どこだろうが関係ない!」など威勢の良いことが言えるのは10代まで。
いい歳した大人の女性が公衆の面前でキスを迫るのは、男性にとって困りものです。
キスは2人だけの秘密のスキンシップなはずなのに、どうして赤の他人に見られなければいけないのか?と思います。

結婚式以外では、2人きりの時にキスをするようにしましょう。

(2)唇を尖らせてキス

『ふざけてるのかもしれないけど、ロマンティックな雰囲気が台無しになっちゃう(笑)』(23歳/医療関係)

鳥のくちばしみたいに口をとがらせてチューをせがむのは、マンガでありそうなシチュエーションですよね。
これを現実でやってしまうと、男性は困惑してしまうようです。
「口を尖らせた顔は可愛くない」「少女漫画の見過ぎじゃないのか」など、納得がいく理由ばかり。

キスは、基本的に男性から求めてくるもの。
「キスしたい!」と思ってもらえるように、唇は自然体で待っておきましょう。

(3)突然のディープキス

『やっぱこっちからいきたいよね』(28歳/イベント)

付き合い始めた頃、突然激しめのキスをするのは彼からすると引いてしまうようです。
まだお互い探り探りの状態だったのに、いきなり距離感を縮めすぎるのはNG。
女性からあまりガツガツ行くと、「そんなに欲求不満なのか?」と思われがち。

男性は、自分の中でキスの順序があるようで、徐々に深めていきたい傾向があります。
ここは、彼に任せてキスを楽しむ方が良いでしょう。

(4)唇がガサガサしたままキス

『キスしようとしたのに、やめてしまいそう(笑)』(32歳/不動産)

キスの仕方以上に気を付けて欲しいのは、唇がガサガサしないことです。
冬は、どうしても唇が乾燥してガサガサになりがち。
しかし、ガサガサのまま彼と唇を合わせるのはよろしくありません。

彼のテンションも下がりますし、女子力が低いと思われてしまいます。
キスしてもらうには、唇のケアは必須。
リップクリームや保湿効果が高い口紅を使って、プルプル唇を作りましょう。


恥ずかしそうにキスを求める彼女も可愛いですが、最初はやはり彼からキスがしたいのが本音のようです。
彼女のことを愛しているなら、いつかキスする瞬間がくるはず。
その時まで、焦らず待っておくのが良いでしょう。

キスは大切なスキンシップなので、お互いが満足するキスを目指してくださいね!

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む