彼とのLINEの最後に、おやすみを伝えることはどのカップルにもあることです。
その際により男性をドキドキさせるには、さまざまな方法がありますよ。
そこで男性をドキドキさせる「おやすみLINE」の送り方をご紹介します。

(1)おやすみなさい

『丁寧な言葉遣いをする彼女にキュンとします』(32歳/コンサル)

男性の中には丁寧な言葉遣いにキュンとする人が多いようです。
そのため「おやすみ」より、「おやすみなさい」というLINEのほうが好きな傾向にあります。

そのため付き合いが長くなり慣れてきても、「おやすみなさい」と丁寧にLINEすることがオススメです。

(2)さみしい

『寂しがりやな彼女がめっちゃ可愛いです』(29歳/人事)

おやすみのLINEをする際に、さみしさをアピールすると男性はドキドキするようです。
「さみしいけど寝るね」「さみしいよぉ、おやすみ」など、可愛さを意識するとさらに効果的。

男性がすぐに駆けつけたくなるような、さみしさをアピールするLINEで、寝る前の彼をドキドキさせちゃいましょう。

(3)ハートマーク

『ハートマークはいつになってもやっぱりドキッとしますね』(28歳/企画)

おやすみのLINEは普通の言葉のほかにハートマークがついたスタンプなどを送ると、彼をドキドキさせることができます。
ハートマークは好きという気持ちを伝えることにも繋つながるので、男性に喜ばれますよ。

そのためおやすみのLINEの際にもハートマークは積極的に取り入れていくことをオススメします。

(4)ちゅ

『おやすみのあとにちょっと甘えてる感じが可愛くてキュンキュンする』(30歳/広告)

おやすみのLINEのあとに、少ししてから「ちゅ」という言葉のみ送られてくると、無邪気でかわいい印象を与えます。
スタンプではなく、あえて言葉で送ると、男性はキュンとしてしまうようです。

そのためおやすみのLINEのあとにはかわいさを感じさせる「ちゅ」のLINEを送ってみましょう。


男性をドキドキさせる「おやすみLINE」の送り方には、さまざまなテクニックがあります。
それを参考に、おやすみLINEで彼を毎日ドキドキさせちゃいましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む