春はもうすぐそこまで来ているというのに、まだまだ真冬アイテムを着てるなんて方はいませんか?
もしかしたら男性から「いつまで冬物着てるんだよ」と思われてしまっているかもしれません……!
今回は、うっかりしてたら要注意の真冬アイテムを4点ご紹介します。

(1)モコモコアウター

『彼女に季節感のない恰好されると、内心ゲンナリ……』(28歳/看護師)

フリースのモコモコアウターをかわいいからと言ってまだ着てはいないですよね?
モコモコはたしかにかわいいですが、秋冬のものと心得て。
アウターから春物に変えていきましょう。

寒い日のアウターはトレンチコートやブルゾン、ジャケットを選ぶのがポイント。
防寒しつつスッキリとした見た目を意識しましょう。
冬から春に変わる時期はアウターを春物にして、カーディガンやパーカーなどの重ね着で調整するといいですね。

(2)ボリュームニット

『ニットはニットでも、春物のニットもあるでしょ……?』(33歳/営業)

クリスマスなら男ウケも狙えてたボリュームニットですが、3月にもなるとただただ暑苦しく見られるだけかも……。
とくにハイネックは今年の秋までお別れした方が良さそうです。
そろそろVネックなど首元を見せることを意識しましょう。

同じニットでも薄手のものは冬から春までと長く着られます。
寒い日でも、ブルーやピンクなど春カラーのものを選んでみて。
防寒しつつも一歩春に近づいたコーデになりますよ。

(3)ムートンブーツ

『真冬ほど寒くないんだから、蒸れて臭そう』(27歳/公務員)

ムートンブーツを履いていいのは極寒の日のみ。
春先でも履いていたら男性も萎え萎えです。
寒くてもせめてハイカットスニーカーに履き替えましょう。

春は足元も軽くしたいところ。
足の甲が見えるようなパンプスは一気に春らしくなりますよ。
思い切って履き替えてみて。

(4)ダウンジャケット

『いくら寒くてもダウンジャケットはないんじゃないかな』(24歳/事務)

冬の間長くお世話になっていたダウンジャケットにもそろそろ別れを告げる頃です。
軽くて暖かいのは分かりますが、お花見でも着ていたら男性も萎えてしまうでしょう。
トレンチコートなどのインナーで防寒対策を考えて。

とくに黒などの重い色や、ファー付き、ボリューム系ダウンは早めにお別れを。
周りが軽装になっていく中、一人浮いてしまう恐れがあります。
極薄手のノーカラージャケットタイプのダウンならなんとか春先までごまかせるかも?


モコモコボリューム系コーデは秋冬限定と考えた方が良さそうですね。
春は首元、足元を見せてスッキリとしたコーディネートを心掛けましょう。
日に日に春に近づいていますので、うっかり乗り遅れないように注意してくださいね!

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む