オタクでも男性ウケするかどうかは、実は日々の言動にポイントがあります。
接していてもオタクっぽさがない女性は普通に男性ウケしますし、オタクであることも良いギャップになることが多いです。
ですがオタクっぽい言動が多い女性は、残念ながら男性にはドン引きされがちなもの。

そこで今回は、男性がドン引きするオタクっぽい言動をご紹介します。

(1)オタク言葉を多用した発言

『オタク言葉って、若干汚い言葉遣いだから嫌い』(34歳/代理店)

最近でこそ、オタク的な言葉はいろいろな人によく使われるようになりました。
ですがだからといってオタク言葉を多用して喋るのは、非オタの男性にはドン引きされがちなので注意が必要。

「クソワロタ」や「キタコレ」、「すこ」など、いわゆるネットスラングはよくオタク言葉として使われますね。
このあたりの言葉には、正直嫌悪感をもつ男性も多いです。

(2)好きなものが絡むと急にテンションMAX

『息継ぎせずしゃべっちゃってる感じね(笑)』(30歳/イベント)

好きなアニメやアイドルが絡んだ話になると、急に早口になってテンションMAXになるのも、オタク的言動の一つ。
一緒にいた人からすれば「いきなりどうした!?」的に引く要素にしかなりません。
いくら好きなものの話とはいえ、テンションのふり幅には要注意です。

(3)オタク文化以外には興味ない発言

『話題が偏ってるよね……(笑)』(26歳/通信)

アニメやゲーム、アイドルなど、オタク文化以外には興味を示さないような発言もNGです。
自分の好きなものでない話には素っ気ない態度を取ったり、はっきりとどうでもいい発言をしたり……。
かなりガチなオタク感が出てしまうため、発言する際は相手を選んだ方が賢明ですよ。

(4)女子力のなさがうかがえる発言

『うちの職場でもオタクの女の子がいるけど、やっぱり他の女子社員と話が合わなそうだもんね』(25歳/会社員)

女子力のなさがバレてしまう発言にも注意した方は良いでしょう。

「連休中はずっと引きこもってアニメ見てた」
「服買うお金があるならアイドルのグッズを買いたい」
などなど、他の女性と比べて女子力のなさが分かる発言には、普通に引く男性も多いです。


いかがでしたか?
以上のようなオタク感満載の発言が多いオタク女子は、特に男性から距離を取られがちです。
好きな人と距離を縮めるなら、まずは無難にオタク発言を封印した方が身のためかもしれませんね……!

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む