オシャレな女性は取り入れているワントーンコーデ。
コツを押さえれば簡単にコーデが完成し、どんなアイテムも万能に着まわせます。
ところが男性ウケの悪い「ワントーンコーデ」も存在するので、その内容をチェックしてみましょう。

(1)ブラックの与える重たい印象

『全身真っ黒は重たすぎる!なにか一つでも違う色があればワンポイントになってオシャレなのになぁ』(28歳/営業)

ワントーンコーデの中でも主流なのは「ブラックコーデ」ではないでしょうか?
どんなアイテムとも合わせやすいブラックは、全体に使うことで上品な印象を与えます。

ところが男性目線では「ブラックは重たくて近寄りがたい」と感じてしまうようです。
足元にホワイトのシューズを取り入れたモノトーンコードにしたり、レース素材のアイテムを選ぶなどして、軽やかな印象をプラスしましょう。

(2)ホワイトはやりすぎ感がでてしまう

『真っ白って逆にちょっと奇抜だよね』(29歳/IT)

「ホワイトカラー」で統一したコーデはとても華やかな印象を与えてくれます。
男性ウケ抜群のアイテムとして、白色のワンピースもよく挙げられますね。

でもホワイトも前面に出すぎると男性は「派手すぎる」と感じるようです。
ブラックやブラウン、ベージュなどのアイテムを取り入れ、中和しましょう。

(3)変化のないベージュ

『色味によってはオバサン臭い』(27歳/アパレル)

「ベージュコーデ」はモテの王道ともいわれており、優しく上品な印象を与えます。
ところがなかなかオシャレに着こなせない場合もありませんか?
その場合、色選びに工夫が必要なのかもしれません。

ひとことで「ベージュ」といっても、さまざまな色味があります。
「ベージュコーデ」ではホワイト寄りのカラーとベージュ味の強いカラーのコントラストによってメリハリが生まれますよ。

(4)素材感の組み合わせ

『同じ色でも素材が違うと印象が違って見えるね』(30歳/金融)

「ワントーンコーデ」がオシャレに見えない原因。
そのひとつに「素材感にメリハリがない」という場合があります。

たとえばボトムスが厚みのある生地なら、トップスをレースといった柔らかみのある素材にするなど、変化を付けましょう。
素材感のメリハリを出すことで、同じ色でもコーデがマンネリしません。


いかがでしたか?
「ワントーンコーデ」といっても、合わせ方にはいくつかポイントがあります。
ぜひオシャレに着こなして男性ウケも手に入れましょう。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む