今回は男性が思わずドン引きしてしまうNGLINEに密着!
恋愛ベタな女性がついやりがちな例を集めたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)長文

『読むのが面倒くさいし、その人の性格も面倒くさそう』(32歳/不動産)

LINEは、短文を送ってテンポ良くやり取りをするのが当たり前となりつつあります。
にも関わらずダラダラと長文を送ってしまうのはNG!
「長くても4行までにしてほしい」という男性の意見が多かったので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

(2)返事の催促

『既読スルーを責めるのだけは勘弁してくれー』(28歳/教育)

好きな人から返事がないと不安になってしまいますよね。
その不安が大きくなると、ついつい返事を催促したり既読スルーを責めたりしてしまう人も多いのでは?

しかし、そういった行為は男性との距離をさらに広げてしまう原因となります。
そんなに身構えるのではなく、緊急時以外は「いつか返ってくるだろう」「また日を改めて連絡をすればいいや」と、気楽に考えましょう。

(3)スタンプや絵文字の多用

『スタンプとか絵文字が多いLINEは引いてしまいます』(30歳/公務員)

意外にも大不評だったのがスタンプや絵文字を多用したキラキラLINE。
「子どもっぽい」という意見が多かったので、控えた方が良いのかもしれませんね。

(4)内容のほとんどが相談事

『俺はカウンセラーじゃないっつーの』(25歳/販売)

女性に頼られて喜びを見出す男性は非常に多いです。
しかし、毎回相談事を持ちかけられたりマイナス思考が満載のLINEが来たりすると、「面倒くさい」という思いが勝ってしまうようなので、気をつけて。


恋愛に不慣れだと、LINEで一方的なトークを展開してしまう人が多いです。
今回紹介した例は特に男性からの低評価が多かったので、当てはまることのないよう意識しておくといいかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む