好きな人とお付き合いできたら、それがゴールではありませんよね。
彼には、もっと好きになってもらいたいと思うのが女心。

そこで今回は、彼を夢中にさせる「愛され行動」を紹介していきます。

(1)「好き」を伝える

『きちんと愛情表現して欲しい』(25歳/IT)

最初の頃は「好き」と伝えていても、徐々にその回数は減ってきていませんか?
お付き合いしても、愛情表現は大事。

愛されている実感があると幸せな気持ちになり、もっと大事にしたいと思うようになります。
彼には、惜しみなく「好き」を伝えて愛情表現をしましょう。

(2)彼からの愛情を受け取る

『遠慮されると、何をしてあげたら良いか分からなくなる』(27歳/商社)

彼に「好き」と伝えることも大事ですが、彼からの愛情もきちんと受け取ることが大事。
彼がしてくれたこと、愛情表現などを恥ずかしいからや悪いからと邪険にしていませんか?

受け取ってもらえないと、男性は好かれていないと判断します。
遠慮してしまうこともあるかと思いますが、きちんと受け取るようにしましょう。

(3)疑わない

『何をするのも疑われると、好きじゃないのかなって思う』(30歳/広告)

彼の行動を不信に思ったり、浮気を疑ったりすることもあると思います。
しかし、いつも疑われていると信頼されていないと思い自信がなくなるもの。

束縛や彼のスケジュールを管理することも、信頼していない証拠となります。
もちろん疑いたくなる時もあるのは分かりますが、もっと愛されたいならなるべく彼を信頼してあげることが大事です。

(4)感謝の言葉を忘れない

『きちんと「ありがとう」が言える人』(29歳/広報)

お付き合いしていくと、感謝の言葉を忘れがち。
してくれて当たり前、彼だから当然と思うようになると、彼の心は離れてしまうかも。

彼がしてくれたことに対しては、どんなに小さなことでも「ありがとう」と感謝の言葉を伝えることが大事。
そうすることで、また彼女の為にしてあげたいと思うようになり、彼女を大事にしますよ。


お付き合いしているからと許されることは、あまりないと覚えておきましょう。
人とのコミュニケーションで普通にしていることは、彼にもしないとダメ。
彼を大事にすれば、彼はもっとあなたに夢中になりますよ。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む