ファッションの好みは女性と男性で違うといいますし、自分は可愛いと思っているコーデも彼的には惹かれないものなのかもしれません。
男性的には、惹かれるコーデと惹かれないコーデ、どんな差があるものなんでしょうか?
今回は、惹かれるコーデと惹かれないコーデの違いをご紹介していきます。

(1)ワンピースやブラウスには惹かれる

『清楚な感じがグッときます』(31歳/マーケティング)

男性の好みは実は非常にわかりやすいといってもいいでしょう。
ワンピースやブラウスなどの女性らしさのあるアイテムには、やっぱり男性は惹かれやすいもの。

男性は女性のコーデで、いつだって可愛らしさやきれいさを感じていたいんです。
パンツよりもスカート、アニマル柄よりも花柄……そういった女性らしさを意識していきましょう。

(2)やわらかい色合いには惹かれる

『ふんわりしたやわらかい色の服は女の子らしくて可愛いよね』(30歳/企画)

コーデの色合いも大事です。
白、ピンク、オレンジ、ベージュ、水色などのやわらかさや優しさを感じさせるような色合いのコーデには男性は惹かれるもの。

やわらかい印象=女性らしさ、清潔さにつながるからですね。
そのためコーデを考えるときは、やわらかく清楚な感じの色合いを目指して服をチョイスしていきましょう。

(3)クールすぎるコーデは惹かれない

『ちょっと強そうなクール系の服装は怖いイメージ……』(28歳/コンサル)

きれいめなコーデも女性らしさのあるコーデとして魅力的ですが、あまりにクールな方へ振り切れてしまうコーデは要注意。
パンツや黒のトップスなどを多用しすぎると、辛口な感じの印象が強くなりがちです。
そのせいでどこか気が強そうなイメージが濃くなってしまい、男性から恋愛対象外的に見られる人も多いです。

(4)奇抜なコーデは惹かれない

『あまりにも奇抜すぎる服装はちょっと……、僕にはついていけない』(33歳/医師)

抜け感を意識して、あまりにハズしを効かせたコーデにも気をつけましょう。
たとえばフェミニンなアイテムのコーデにいきなりカジュアルなジャケットを入れるようなコーデ。

ちょっとコーデとしては斜め上をいく感じで、男性としては「それっておしゃれなの?ダサいの?」と疑問に思うばかり。
正直惹かれない……という男性も多いでしょう。


いかがでしたか?
あまりにおしゃれにこだわりすぎると、男性には惹かれないこともあるため気をつけたいところですね。
男性は女性らしさのあるコーデが大好きなので、基本的には可愛らしくきれいなアイテムをチョイスすることを心がけましょう!

(恋愛jp編集部)