女性の洋服選びで重視する点は、「いかに痩せて見えるか」ではないでしょうか?
一目惚れした服を着たとしても、自分の体型に合っていなかったらそのコーデはダサいのです。
今回は、男性が惚れる「痩せ見えコーデ」を4つご紹介します!

(1)袖口広めのとろみブラウスで二の腕・お腹周りをカバー

『ゆったりとしてるし、素材的に縦にラインが出るからいつもよりすっきり見えた』(27歳/営業)

生地が柔らかく全体的にゆったりした印象のとろみブラウスは、二の腕やお腹周りが気になる女性におすすめアイテムです。
首元が少し開いたとろみブラウスに、マキシ丈のスカートやツータックパンツと合わせれば、メリハリの効いた痩せ見えコーデが出来上がります。

(2)Iラインロングコートでスラっとした印象に

『ショート丈のジャケットは腰回りとか出るからちょっとぽっちゃりだとバレバレなんだよね』(25歳/建築)

全体的にもっと細い印象に見せたい女性は、長めの羽織ものを持っておくのがマスト。
Iラインロングコートは、着ぶくれしにくいデザインで、細くスラっとした印象に見せたい女性におすすめです。
冬はウールやアンゴラの厚め生地、春秋は薄め生地のトレンチタイプを選べば、長いシーズン着こなすことができる痩せ見えコーデでしょう。

(3)ハイウエストのワイドパンツで美脚効果

『結構おしりが大きめの彼女だけど、ハイウエストとかワイドパンツの日は気にならない!』(31歳/教師)

下半身をカバーするためには、いかに美脚に見せるかが重要です。
トップスインしてハイウエストにすることで、足を長く見せることができます。
さらに、裾が広がるワイドパンツを選ぶことで、ヒップや太ももカバーにも最適です。

(4)柄物トップスで目線を上に持っていく

『花柄は背中の肉とかも目立ちにくいんじゃないかな』(33歳/販売)

「柄物の服って太ってみえそう……」という考えの女性も多いのではないでしょうか?
確かに主張が激しめの柄物を着ると、その分膨張して見えたりします。
しかし、コーデの仕方によっては、痩せ見えすることも可能なんです!

花柄や縦ストライプの柄物のトップスとワイドパンツを合わせてウエストを締めることで、目線を上に集中させて、バランスの良い痩せ見えコーデが完成します。


痩せ見えは、女性にとって永遠のテーマといって良いでしょう。
ただ暗めの引き締めカラーばかり着るのではなく、いかに自分の体型に合ったコーデができるかが大切です。
色んなファッションに挑戦しつつ、自分だけの痩せ見えコーデを見つけてみてください!

(恋愛jp編集部)