コーデには、女性ウケコーデや男性ウケコーデがあります。
あなたは、どちらを優先的にして、コーデを決めていますか?
もし男性ウケが大事!と思っているなら、いくつか気をつけたほうがいいでしょう。

なぜならそのコーデは、本当に男性ウケしているのかわからないからです。
ここでは「意外と男ウケが悪い?注意すべきNGコーデ」についてみていきましょう。

(1)アニマル柄

『大阪のおばちゃんみたいでちょっと……』(30歳/IT)

アニマル柄は、インパクトがあって個性的ですよね。
ヒョウ柄も可愛くコーデに取り入れれば、メリハリのあるコーデに仕上がります。

しかし個性的すぎるアニマル柄は避けましょう。
どうしても大阪のおばちゃんといったイメージが強いので、男性から不評となるかもしれません。

(2)ガウチョパンツ

『スカートなのかパンツなのかはっきりしなくて意味がわからない』(31歳/コンサル)

スカートのようでスカートじゃないガウチョパンツ。
女性からすると、シルエットはスカートだけど動きやすさがあるので便利ですよね。

しかしスカートと思いきやパンツといった便利さが実は男性ウケしないようです。
どちらかわからないアイテムというより、スカートはスカート、パンツはパンツとはっきり区別がつくものが人気のはずです。

(3)フリル

『フリルたっぷりの服って子どもっぽい』(27歳/SE)

袖口や、首もとにちょっとしたフリルがあしらわれていたら可愛いですよね。
地味なカラーのコーデでも、フリルがあるだけで華やかになります。

しかしフリルが多くありすぎるのはNG。
子どもっぽくみられてしまうので、男性からはあまり好まれないでしょう。

(4)ワイドパンツ

『ヒップラインも脚の形もすべて隠されてるのが残念』(28歳/飲食)

ワイドパンツもガウチョパンツと同じ頃に流行りだしましたね。
シルエットは少しガウチョパンツとも似ているはず。
こちらも脚の形がでないので、女性にとってはありがたいアイテム。

必ず1着は持っているのではないでしょうか。
しかし男性は女性の曲線美を見たい生き物。
脚の形が隠されているのは残念でならないでしょう。


いかがでしたか?
わたしは女性ウケされたほうがいい!という人は、その路線を極めていってもいいでしょう。
しかし男性ウケを目指したいのであれば、チョイスする服を慎重に決めないといけないですね。

(恋愛jp編集部)