男性にとっての性感帯は、人によっていろいろなところにあるといいます。
首筋や耳などはよく聞きますが、時には「え?そんなとこ!?」と思えるような場所で感じてしまうこともあるんだとか。
そこで今回は、男性が実は感じてしまうパーツをご紹介していきます!

(1)お尻

『以前彼女に触れられたときにゾクッとしました』(32歳/公務員)

お尻といえば女性を想像しがちですが、実は男性にとっても性感帯であることが多いんです。
いやらしくお尻を撫でられるだけで、ゾワッとして思わず勃ってしまう男性もいるんだとか。

フェラのときや正常位でしているときなどは、彼のお尻をたまに撫でてみると良いでしょう。
もしかするとそのまま快感のあまり彼は果ててしまうかも。

(2)内腿

『アソコに近いところを触れられると特にヤバい』(30歳/製造)

内腿は男性器に近い部分ですし、敏感になりやすい部分なのでしょう。
もう少しで男性器を触られるかも、舐められるかもといった感じもあって、より興奮を感じるのかもしれません。

彼の体を積極的に攻めるときは、内腿を舐めたり愛撫したりして焦らすとかなり効果的かも。
男性器も触られそう、でも内腿も気持ちいい……なんて快感が、彼にとってはたまらないはずです。

(3)あご

『触れられると意外と感じることに気付いてびっくりした』(25歳/通信)

意外と多いのはあご。
あごなどの顔のパーツは耳と同じで感じやすい部分なのかもしれませんね。

また、あごは人の急所としても知られる場所ですし、より感度も高い可能性があります。
耳や首筋などの定番の場所を舐めたりするなら、たまにはあごを刺激してみると良いかもしれません。

(4)腰回り

『くすぐったかったのが、いつの間にか感じてしまうように』(26歳/金融)

そもそも腰回りをくすぐったがる人って多いですよね。
だからこそ腰は敏感になりやすい場所なので、性感帯になっていることも多いんです。

彼の体を触るときは、積極的に腰あたりに手を這わせてみましょう。
いつになく彼は感じてしまい、一気に性欲がグングン上がってしまうはずです。


いかがでしたか?
お互いの気持ちいいところを知っていることは、より二人のセックスライフを盛り上げるためにとても大切なことです。
ぜひ彼の感じるパーツを探して、たまにはベッドで積極的に彼を攻めちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー