彼のLINEの返信がいつも早かったり、長文ばかりだったりすると、嬉しい反面ちょっと疲れる部分もありますよね。
むしろ付き合いに慣れてくれば、そんな彼のマメすぎる一面に嫌気が差してしまうこともあるもの。
そこで今回は、マメすぎる彼のLINEが正直面倒……と感じたときの対処法を解説していきます!

(1)無理に彼に合わせない

『お互いのペースを知りたいから、嫌なら無理はしてほしくない』(26歳/会社員)

まず、無理に彼に合わそうとしないようにすることが、うまく付き合っていくコツ。
長文に長文で返すとその長文の流れは止まらなくなりますし、即返信の流れも同じです。

無理に彼に合わそうとはせず、要点だけを短文で送る、返信は少し遅らせるようにしましょう。
「彼が嫌な気持ちになるかも」と気にしていたら、自分が潰れてしまいますよ!

(2)都合が悪いときはハッキリと

『お互いの都合もあるし、ハッキリ言われても別に何とも思わない』(25歳/販売)

正直眠い、疲れてる、とにかく面倒臭い、明日早い……などの都合があるときはハッキリと伝えるのが賢明。
「明日早いからもう寝るね!」としっかり送れば、彼も分かってくれるでしょう。

とにかく面倒臭いときも「ちょっと疲れててしんどいから寝るね」と送れば問題はありません。
彼のマメすぎるペースに巻き込まれないようにすることが大切です!

(3)スタンプで会話を終了

『スタンプだけしてくれたら、“終わりサイン”だってことに気づく』(28歳/商品開発)

スタンプでやり取りが終わることって多いですよね。
なんとか会話を終わらせたいときは、スタンプを送って会話を強制終了するのもありですね。

返信に困るようなスタンプ、眠っているスタンプ、いいねだけしているスタンプなど……。
察しが良い男性なら「今あんまり会話したくないのかな」と分かってくれる場合も多いです。

(4)素直に言ってみる

『相手を尊重したい気持ちは男にだってあるから、素直に言ってほしい』(28歳/ライター)

これからの付き合いにも関わることですし、率直に言うのも実際はオススメ。
「ちょっとLINE多いかも」「長文が多いと大変だと思う」など、やんわりと伝えれば彼だって分かってくれるでしょう。
後々ストレスが爆発して喧嘩になるより、あえてしっかり話をした方が全然良いですよね。


いかがでしたか?
マメすぎる彼氏のLINEに合わせる必要はないんです。
毎日のことですから、面倒だと思うときはしっかり都合が悪いことを伝えるなどして、自分のペースも守っていきましょう!

(恋愛jp編集部)