服は、本当にいろいろな種類があって、コーデも様々。
どんなコーデが自分に似合うのか、試す日々が続くことでしょう。

また、男性ウケ、女性ウケというものもありますね。
ここでは「男性が彼女にしたくないかなと思うNGコーデ」についてみていきましょう。

(1)いつもスウェット風

『気合が入らない人なのかなって思っちゃう(笑)』(27歳/代理店)

スウェットのトップスも最近は流行っていますよね。
これまでスウェットといえば、グレーや黒といったようなカラーが主流でしたが、ピンクなどの可愛いカラーもでてきています。

しかし、いつ見てもゆるっとしたスウェットコーデだと男性はときめきません。
むしろ、彼女にしたらいつもこんな服か……と思うと嫌がることでしょう。
たまに見せるスウェットのカジュアルさが可愛いということを忘れずに。

(2)肌出し多めコーデ

『彼女にするならゼッタイ清楚系!』(25歳/公務員)

女性の肌がよく見えるトップスや、綺麗な脚をみせるミニスカなどは、男性から人気。
しかし、彼女がするコーデとなると違います。

そういったコーデを彼女にされると、嫌がる男性はきっと多いはず。
間違えると品がなく見えてしまうという点や、他の男性からの視線を気にするという点などが挙げられるでしょう。

(3)色のバランスがおかしい

『色彩感覚が独特なのは個性だけど、モテはしないよね……』(33歳/マーケティング)

コーデ全体のバランスは、カラーも大きく影響してきます。
全体的にカラフルで色のまとまりがないのは、無駄に派手なだけ。

そんなコーデは、男性からは不評です。
統一感をもった色合いをチョイスすることが大切ですね。

(4)地味

『モノトーンコーデはたまにでいい』(29歳/SE)

統一感のないカラフルなコーデはNGと述べましたが、地味すぎるのもNG。
白や黒、グレーといったモノトーンの服しか着用しない女性は勿体ないです。

パステルカラーや、明るめのカラーでもっとコーデにメリハリをつけ、楽しむことをオススメします。
いつも暗めカラーの地味なコーデだと、男性も目を惹かれないはず。


いかがでしたか?
男性ウケ、女性ウケ関係なく、自分の好きな自分に合ったコーデをみつけることが最も大切。
そして、自分が1番きれいに見せられるコーデを極めていきましょう。

(恋愛jp編集部)