ワイドパンツってウエストから足首まですべて隠してくれるので、下半身にコンプレックスのある方にとっては魅力的なアイテムですよね。
しかしコーデを一歩間違えてしまうと、隠したつもりが余計太って見えてしまう残念な結果に……。
そこで太見えしないワイドパンツコーデを4つご紹介します!

(1)ショート丈アウター×ワイドパンツ

『上半身がスッキリしてて脚がスラッと見える!』(32歳/マーケティング)

足長効果を出すなら、ショート丈アウターを合わせましょう。
上半身をスッキリコンパクトにまとめることで、下半身を長く見せることができます。
またワイドパンツは腰から広がるような形になるため、腰~ヒップの部分でアウターが重なってしまうとその部分が太く見えてしまいます。

ワイドパンツにかからないよう、ウエストラインまでのアウターを選ぶことがポイントです。
ウエスト部分を見せることで、コーデ全体にメリハリが生まれますよ。

(2)ロング丈アウター×ワイドパンツ

『ロング丈のアウターは女性らしくて可愛いし、ほっそり見えるよね』(28歳/IT)

ショート丈とは反対に、ロング丈アウターも太見えを防ぐアイテムとして有効です。
ロング丈を選ぶことで縦長のAラインシルエットになり、細見え効果が期待できます。

トレンチコートやロングベストなどは、ワイドパンツを合わせることでキレイめかっこいいスタイルが完成します。
オフィスコーデにもピッタリですね。

ロングカーディガンは可愛らしい印象を与え、カジュアルコーデにも取り入れやすいアイテム。
ゆったりと女性らしい印象になるのでデートにオススメです。

(3)同系色トップス×ワイドパンツ

『黒色の服だと引き締まって見えるね』(30歳/コンサル)

トップスとワイドパンツの色を合わせることでも縦長効果は生まれます。

しかし白やベージュなどは膨張職なので要注意。
グレーや黒などの引き締め効果のある色を選ぶといいでしょう。
黒×黒だとどうしても重い印象になってしまいますが、濃い色のデニムを合わせれば重くなりすぎません。

(4)トップスイン×ワイドパンツ×ヒール

『ワイドパンツでスラッと見える脚に、足元のヒールで綺麗な脚に見えますね』(29歳/IT)

ワイドパンツを簡単に着こなすポイントはトップスインとヒールです。
トップスでウエストが隠れてしまうと、ずん胴スタイルになり太く見えがち。
ワイドパンツ初心者はトップスインするのがお約束です。

さらに足元にヒールを合わせ、足長効果を狙いましょう。
これだけで簡単にスタイルアップするワイドパンツコーデの完成です。


いかがでしたか?
ワイドパンツコーデで重要なのが、見せるところは見せること。
鎖骨やウエストラインなど、上半身はなるべくコンパクトに細く見せることを意識してみましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー