あれ!?もうこの2人終わったの!?というようなカップルを時々見かけますよね。
このようなカップルは、実は特徴的なイチャラブLINEをしていることが多いです。
そこで今回は、飽きちゃったんだ……短命カップルの「くそ甘いイチャラブLINE」を4つご紹介します。

(1)「なんでもいいよ♡」LINE

『なんでもいいよって、どうでもいいよとも捉えられるよね』(30歳/IT)

ある付き会ったばかりのイチャラブLINEで、「なんでもいいよ♡」と言い合うカップルがいました。
「映画何観たい?」と尋ねたら、「何でもいいよ♡」と答える具合です。

デートに行くこと自体が目的になっているので、映画なんで実際何でもいいのでしょう。
それに自分の観たい映画をきちんと主張できない関係もツライですね。

(2)「服を見て♡」「かわいいね♡」LINE

『可愛いって言われたいのが透けて見えてて痛い』(29歳/人事)

「今日のコーデはコレ♡(ソフトフォーカス自撮り写真)」と彼女が送ると、「やっぱ○○ちゃんかわいいわー♡」というレスポンス。
これは見ていて痛いカップルです。

しかも女性に関しては、自分が「かわいいね♡」と言われることを目的にしているので、ちょっと質が悪いですね。
本当は彼のことではなくて自分が好きなのでしょう。

(3)「絵を描いたよ♡」「さすが俺の彼女♡」LINE

『自己肯定感や自己顕示欲を満たすために彼氏を使うのってどうなの?』(32歳/コンサル)

彼女が「絵を描いたよ♡」というと「さすが俺の彼女♡」というLINE。
これも自己肯定感を得たい目的で送られています。

このカップルが短命なのもうなずけます。
男性もこれで自分のものを表現して彼女に褒めてもらっていたら、共依存的に長く続くかもしれません。

(4)「風邪ひいた……」「変わってあげたい……(涙)」LINE

『風邪ひいたならしっかり寝とけって思うけどな』(31歳/IT)

「風邪ひいた……」というLINEに対して「変わってあげたい……」というのはぱっと見は優しいです。
しかし実際LINEをしているだけです!
風邪を治したいのであれば、早く寝てとLINEを止めてほしいものですがイチャラブカップルはいかがなものでしょうか。


いかがでしたか。
甘いLINEをしているのには十分飽きた!という方、今、私これだわ……と思った方。

ぜひともあなたのLINEをもう一度見直して、彼との関係を見つめてくださいね。
きっともっと素敵なカップルになれること間違いありません。

(恋愛jp編集部)