セックスのときに男性が盛り上がる重要な要素が「喘ぎ声」。
案外男性の興奮具合はこの「喘ぎ声」に左右されるといっても過言ではないでしょう。
今回は男性が強烈に興奮する「喘ぎ声」をご紹介していきます。

(1)吐息

『我慢できずに漏れちゃったみたいな吐息はすげぇ興奮する』(30歳/企画)

「喘ぎ声」といえばしっかりとした「声」を想像しがちですが、吐息も立派な「喘ぎ声」のひとつなんです。

「ハァハァ」と息の上がったものや、「んっ!」と感じる様子、「っふぅ~」と吐息を漏らす感じなど、実に様々なバリエーションがあります。

この吐息の変化は女性の興奮具合を伝えることができ、男性は行為を進めるうえで彼女は感じてくれているかの判断材料にしているんです。

だからこそ、男性が積極的に動いてくれるときに気持ちよさそうに吐息で「喘ぐ」とさらに興奮するのです。

(2)アンアン

『やっぱ王道だけどこの声聞くとさらに興奮してくるんですよね。恥ずかしがる感じも良い』(32歳/販売)

「喘ぎ声」といえばやはり「あんっ」と声を出す「アンアン系」を想像することが多いのではないでしょうか。
AVなどでも、このような喘ぎ方の女性は多く見受けられます。

「アンアン系」の喘ぎ方は特に「エロさ」が際立ちます。
いかにもな感じが男性を興奮させ、行為のスイッチを入れるでしょう。
行為の盛り上がったタイミングに使うといいですね。

(3)言葉

『イク!!って言葉をきいた途端、動き止めらんなくなる』(27歳/営業)

行為の最中に女性が放つ言葉は、男性の興奮度を何倍も増幅させます。
では具体的にどんな言葉が有効なのでしょうか?

「イク!」「ヤバイ」「気持ちいい」「イイ」などの言葉が挙げられます。
実際はこれらを無意識に発言する女性が多いでしょう。
ストレートな言い方だからこそ、息遣いなどよりもダイレクトに伝わりますよ。

(4)連呼

『こっちも興奮して激しく動いてるから、呼応するように彼女も興奮してくれてるって思うと幸せになる』(26歳/美容師)

前述した「言葉」を連呼することで、さらに興奮させることができます。
例えば「イク」「イク」「イク」とか「ダメ」「ダメ」「ダメ」など。
とても臨場感が増しますね。

連呼することで、より感情の高まりが男性に伝わります。
歯止めが効かなくなっている様子は、男性をより興奮させるようですよ。


いかがでしたか?
女性の中には喘ぎ声を「どう出せばいいのか?」と考え込んでしまう人もいるかもしれません。
今回のポイントを押さえれば、行為に集中しながら効果的に「喘ぎ声」も出せますね。

(恋愛jp編集部)