寝ている女性のもとへ男性が訪れセックスをする「夜這い」。
女性側から積極的に男性を誘うのも、もちろんアリだと思います。

今回は寝ている男性をその気にさせる「夜這いテク」をご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

(1)キス攻めする

『すごい幸せな気分からだんだん興奮してくる』(26歳/建築)

まず大切なのは、ソフトなスキンシップで相手の反応を見ることです。
寝ている最中のアプローチはいわば不意打ち。
優しいキスで彼の様子をうかがいましょう。

ここでは顔や耳元、首筋へのキスをオススメします。
このあたりは誰しも敏感なはず。
柔らかい唇で優しくキスを重ね、次第に舌をそわせてもいいでしょう。

(2)胸をあてる

『女性が思ってる以上に男は胸の感触に弱いっす』(25歳/サービス)

女性の武器である「胸」を使ったアプローチは男性をその気にさせる上で有効。
彼に抱きつきながら、彼の腕などに胸を押しあてましょう。

男性は女性と密着する時、女性特有の「柔らかい触感」が誰しも好きです。
「胸」の柔らかい感覚で彼を素敵な目覚めへと誘導すれば、その気になってしまうはず。

(3)アソコを手で愛撫する

『夢なのか現実なのかわかんないままだけど、ただただ気持ちいい』(29歳/不動産)

ここからは積極的なアプローチへと移っていきましょう。
寝ている彼のアソコを愛撫するのです。
ただし、いきなりこのステップに入るのはNG。

前述したアプローチを挟み、段階的に男性へのスキンシップを重ね、愛撫に至るのがオススメ。
眠っていても案外男性は反応するものですよ。

(4)フェラする

『もうフェラまでされたらその気どころか止めらんなくなるよ』(27歳/企画)

最終段階としてフェラするのも有効。
あまりの気持ち良さに男性もすっかりその気になってしまうはずです。
手での愛撫で物足りない場合は、フェラまで移ることで強行突破してしまいましょう。

また、寝起きのフェラを理想とする男性も結構います。
「夜這い」というシチュエーションは普段と違ったセックスを楽しむことができるので、たまには試してみるといいかもしれませんね。


いかがでしたか?
女性からセックスに誘うのは、抵抗を感じる人も多いかもしれません。
でも、彼との可能性が広がるのであれば、試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)