彼と二人っきりになれる♡浮かれ気分で彼のおうちへ……しちゃってない?ガッカリ行動。
彼はあなたのそういうだらしない部分、見ているものですよ。
大好きな彼にストレスを与えてしまわないようにお家デートを楽しみましょう。

(1)何も手伝ってくれないの?

『ドカッと座ってないで、少しくらいは動いてほしい』(28歳/企画)

私はお客さんだし……と何も動いてくれない彼女にはがっかり。
もっと気遣いできる彼女だと思っていたのに……。
そう思われているかもしれませんよ。

「何か手伝えることないかな?」など聞いて彼を手伝ってあげてくださいね。

(2)食べたものが散らかっている……

『食べカスが散らかってるのはちょっと幻滅……』(30歳/コンサル)

彼は気を遣ってお菓子やデザートを出してくれるかもしれません。
お家にお邪魔するのだからあなたもケーキなどの手土産を持参してもステキです。

美味しかったね!なんて食べ終わった彼女のほうを見ると食べかすが散らかっている。
几帳面で清潔な男性ほどに彼女のそんな一面が目につきます。
こぼさないでほしい!彼女帰ったら掃除しなきゃな……と萎えさせちゃうのです。

(3)部屋を勝手に触らないで!

『いくら彼女でも、人の部屋を勝手に漁るのは絶対にやめてほしい』(27歳/IT)

彼女だからってしてはいけないことがあります。
彼氏の部屋を勝手に物色することはマナー違反。

あなただってされたくないはずですよね。
どれだけ気心知れた仲でも最低限のマナーは守りましょう。

彼の服を勝手に畳もうとしたりするのも彼はいい気がしません。
何様?母親面しないでよ!と内心イライラしています。

(4)靴をそろえない

『靴をきちんと揃えてないと、育ちが悪そう』(33歳/経営)

家にお邪魔した時、彼氏の家でなくても靴をそろえるのは当然です。
そんな当たり前のこともできない女性ならガン萎えされても仕方がありません。

「もしかして整理整頓できない女性なのかな?」
「きっと彼女の家の玄関は散らかっているな……」
簡単に想像できてしまいます。

脱ぎ散らかすのなんて子どもがすることですよ。
きっちりそろえて女性らしいところを見せましょう。


彼が家に招いてくれるということは、それだけあなたを信頼している証。
でもそこで油断して誤った対応をしていると、今後家に呼んでもらえなくなりますよ。
「いつでも来て!」と言ってもらえるな素敵な彼女でいましょうね。

(恋愛jp編集部)