大好きな彼とはLINEでもイチャイチャしたいですよね。
しかし、LINEが苦手な男性も多いので、あまりラリーが続かないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、思わず返信したくなる「ラブラブLINE」を男性に聞いてみました。

(1)彼の意見に共感する

『意見が合って盛り上がると、相性の良さを感じる』(32歳/人事)

2人の意見が合うと、相性が良いと思うのでトークが盛り上がるもの。
彼の意見にはげしく共感してみましょう。

例えば、「私もそう思ってた!○○だよね!」のように一緒の考えを強調。
彼も「そうそう!絶対○○だと思ってたよ!」なんてテンションが上がるはず。

(2)なぐさめてではなく褒めて

『甘えてきてくれたら、そりゃ嬉しいに決まってる』(29歳/金融)

嫌なことがあった時など、愚痴を言ってなぐさめの言葉を期待することがあると思います。
しかし、ネガティブな話題は相手にも暗い印象を与えるもの。

愚痴を聞いて欲しい時は、なぐさめではなく褒めてと伝えてみましょう。
例えば、「~だったけど頑張ったから褒めて」や「よしよしして~」と彼にLINEで甘えてみて。
甘えられると男性は嬉しく思うので、そこから甘い雰囲気にもなりやすいですよ。

(3)スタンプ+メッセージ

『可愛いスタンプって女性らしいから好き』(27歳/証券)

スタンプはLINEトークを盛り上げるスパイス的な存在ですよね。
ラブラブな気持ちをスタンプで伝えるのも、可愛く見えるもの。

そして、この時スタンプの後にメッセージを添えるようにしましょう。
スタンプだけだと話が終わったのかと勘違いするので、言葉でも伝えるようにしてみて。

(4)唐突に「好き」

『可愛すぎてニヤけちゃうよ』(30歳/営業)

2人の信頼関係が出来上がっているなら、唐突に「好き」というメッセージを送ってみましょう。
急にどうしたの?と思うかもしれませんが、彼女から「好き」と言われてニヤけない男性はいません。

もし、「どうしたの?」なんて聞かれたら、「伝えたくなったの」と返信すればOK。
イチャイチャしたいのであれば、素直な気持ちを伝えることが一番です。


ラブラブLINEをしたいのなら、素直な感情で接するようにしましょう。
イチャイチャしたいと思っているなら、寂しい気持ちがあるからかも。
もしそうなら、それも素直に彼に伝えてみてもいいかも。

(恋愛jp編集部)