甘え方を工夫すると、実は彼はあなたにもっと夢中になってくれるもの。
どうやって甘えていいかわからない……と苦労している女性も中にはいるでしょう。
まずはどうやったら彼が自分にドキドキしてくれるのかを知って、反則級の可愛い甘え方を磨いていきましょう!

(1)腕に抱きついて離れない

『知ってか知らずか、おっぱいがむにゅっとしてクラクラするよ……』(27歳/販売)

彼に甘えるなら、やっぱり密着してお互いにドキドキする距離感を作ることが一番ですよね。
近づいて隣に座るなども効果的ですが、どうせなら腕に抱きついて強く密着するのがおすすめ。

そんな風に離れない彼女を見て、可愛いと思わない男性はいないはず。
彼女の体の柔らかい部分が当たって、たまらなく彼はドキドキしてしまうことでしょう。

(2)後ろからハグしながら

『後ろからだと耳元で甘えた声が聞けるからどきっとする』(29歳/営業)

後ろからハグしながら甘えるのも良いですよね。
正面からのハグも可愛いですが、後ろからのハグも彼を意外とかなりドキドキさせるものです。

ちょっとヤラシイ話ですが、後ろからハグされたら、彼の背中には彼女の胸が触れます。
そんなシチュエーションにデレデレしない男性はいないですよね。
も〜ズルいなぁ〜!と彼はまいってしまうこと間違いなし。

(3)袖をちょんとつかむ

『急に彼女が小動物みたいに可愛くみえるんだよね』(32歳/公務員)

袖をちょんとつかんで、少し控えめに甘えるのも可愛らしいですよね。
実はこの甘え方、好きな男性は結構多いんです。

少し遠慮がちにやってくる感じが、男性にはまさにたまらないポイントになります。
どうしても彼に何かお願い事があるときは実践してみると良いかも?

(4)彼の膝枕して下から見つめる

『可愛すぎて思わずそのままキスしたことある』(26歳/不動産)

自分から彼に膝枕しにいく大胆な甘え方も、ときには必要だったりします。
彼がソファーに座っていたら、自分から膝枕してもらいに行き、下からじっと彼の顔をのぞいてみましょう。
下から彼女に真っ直ぐ見つめられる+膝枕というコンボのシチュエーションに、彼は思わずデレデレしてしまうはず。


いかがでしたか?
甘え方のポイントは、ちょっとあざといくらいをイメージして彼をドキドキさせること。
ぜひ積極的に後ろからハグしたり腕に抱きついたりして、彼に可愛く甘えちゃいましょう!

(恋愛jp編集部)