男性に大切にされる女性は「甘え方」が上手。
今回は男性が魅了される「必殺甘えテクニック」を4つご紹介していきます。
ぜひ活用して、男性に可愛がられる素敵な女性になってくださいね。

(1)「褒める」と「おねだり」をセットで

『頼まれたことをしてあげたときに褒められたりお礼を言われると、何でもしてあげたくなる』(29歳/公務員)

可愛い甘え方として「おねだり」をする方法があります。
でもこれは、見方を変えれば「ワガママ」と捉えられてしまう事も。
「可愛いおねだり」と思われる要素をしっかりと押さえましょう。

ポジティブに捉えてもらうために大切なのは、しっかりと相手を「褒める」こと。
自分の為に何かしてくれた時にきちんと感謝を伝えれば、もっと大切にしたくなるはずです。

(2)人目のないところで甘える

『自分しか見られないという特別感に弱い』(27歳/製造)

常に甘えていると男性も慣れてマンネリ化してしまいます。
そのため、甘える際には「特別感」を出すことに注意してみましょう。

人前ではそうでもないのに、2人きりになると甘えん坊になる彼女……。
男性は「自分の前でしか見せない特別な姿」を嬉しく思うでしょう。
この「特別感」が彼の恋愛モードを持続させます。

(3)可愛く拗ねる

『つい甘やかしたくなっちゃう』(30歳/販売)

「おねだり」が必ず上手くいくとは限りませんよね。
強引に押し通しては可愛くないででしょう。
そこで、あえて可愛く拗ねてみてください。

頬っぺたをプクッと膨らませたり、口をとがらせるなど、ちょっと「あざとい」くらいでもOK。
可愛く拗ねる様子からも「甘えん坊」な要素はアピールできますよ。

(4)素直さを出す

『日頃から気持ちを素直に口にしてくれる方が信頼できる』(31歳/メーカー)

「甘えん坊」が可愛い理由は、やはりその素直さです。
恋愛でよく使われるような駆け引きはせず、正面から相手と向き合いましょう。
特に「嘘」は厳禁です。

また、「ありがとう」という感謝の気持ちや「ごめんね」という謝罪を素直に言えることも大切です。
こうした言葉によるコミュニケーションは、信頼関係を築くうえで欠かせません。


いかがでしたか?
「甘える」と「ワガママ」には明確な違いがあり、前者の方が可愛がられるでしょう。
ただ要望を言うだけでなく、可愛い要素をプラスして彼の心を刺激するといいですね。

(恋愛jp編集部)