男性が、嬉しいと思うヤキモチとうざいと思うヤキモチは紙一重。
うざいと思われると、あなたとの関係も面倒に感じるので気をつけないといけません。
今回は、男が喜ぶ「ヤキモチLINE」の送り方についてご紹介します。

(1)素直に寂しいを伝える

『重くない感じで、寂しいと言われると一緒にいたくなる』(28歳/コンサル)

男性が出張や旅行などでどこかに行くときって、寂しいですよね。
そんなときは素直に「寂しい」と伝えてみましょう。
あなたのことを可愛いな、と思い、すぐに会いたくなりますよ。

(2)軽く拗ねる

『本気じゃなくて、冗談っぽい感じで拗ねるのが可愛い』(33歳/証券)

何か嫌なことがあったとき、本気で怒るLINEはNG。
それよりもプンプン!くらいで拗ねるのが可愛いLINEです。
男性も、もっといじりたくなって、楽しくなります。

(3)かまって♡

『怒るのは嫌だけど、素直にかまってって言われると可愛いと思う』(34歳/公務員)

あなたは何でかまってくれないのー?なんて言っていませんか。
そんなLINEよりも、かまって♡と可愛くおねだりするのがオススメ。
可愛く甘えれば、男性も嫌な気分せず、かまってくれるはずです。

(4)連絡してね♡

『飲み会があっても、束縛しないのがいい。連絡してね、くらいだと心配しているんだなってわかる』(25歳/営業)

男性には、男性の付き合いがあるもの。
これを束縛すると、男性はかなり嫌がります。
なので帰ったら連絡してね♡くらいで、気持ちよく見送りましょう。


いかがでしたか。
男性は、重いしんどいヤキモチLINEは苦手。
可愛く素直な気持ちを伝えるのが、許されるヤキモチLINEなのです。

(恋愛jp編集部)