気になる彼とLINEする仲にはなったけど、どうも友達と思われているかも……。
やはり異性として意識してもらわないと、恋愛へは発展しづらいですよね。
そこで今回は、気になる彼を“意識させる”簡単LINEテクを、紹介していきます。

(1)とにかく褒める

『たくさん褒められると、好きなのかなってちょっと意識するよね』(32歳/人事)

好きな男性なら、褒めポイントはたくさんありますよね。
とにかく「いいな~」と感じた部分は、恥ずかしがらずにどんどん褒めていきましょう。

直接伝えるのは恥ずかしくても、LINEならハードルは低くなるはず。
褒められると単純に嬉しくなるとともに、自分に好意があるのかなと気になるようになりますよ。

(2)恋愛系の質問をする

『俺の恋愛感が聞きたいって、好きってことじゃないの?』(28歳/企画)

これまでのLINEを遡ってみてください。
色っぽい話を何もしていないのではないでしょうか?
それでは異性として意識することは少ないかも。

そこでオススメなのが、恋愛系の質問をしてみること。
「どんな女性が好き?」や「デートに行くならどこがいい?」など、恋愛を意識するLINEをしてみましょう。

(3)既読も返信も早くする

『返信とか遅いと興味ないのかなって思っちゃう』(30歳/不動産)

未読にしたまま少し焦らす、または返信を遅くするなどのLINE駆け引きってありますよね。
しかし上手にしなければ興味がないと勘違いされることも……。

やはり興味のある人からLINEが来れば早く見たいし、早く返信したいと思うのが自然な感情のはず。
興味があることを知らせるためにも、既読や返信は早くするようにしましょう。

(4)「好き」を散りばめる

『告白されてるわけじゃないけど、好きって言われたらドキドキするよ』(26歳/IT)

トークの中で、「好き」という単語を散りばめるようにしましょう。
たとえば「そのお店好き」や「そのアーティスト好き」など簡単なものでOK。

もっと踏み込みたいなら、「〇〇くんのそういうところ好きだな」や「〇〇くんのセンス好き」など、彼のことで「好き」を使うともっといいですね。
「好き」という言葉がたくさん使われるとドキッとするので、なんとなく意識するようになりますよ。


まずは異性として意識してもらうことが第一関門!
そしてほんのり好意をほのめかすことが大事。
好きなのかもと思えば、だんだんと意識してくるものですよ。

(恋愛jp編集部)