気になる彼との初デートが決まると、まずデート服を決める女性が多いはず!
今までモテファッションだと思っていたものが、実はそうじゃなかった……なんてことがあるかもしれません。
今回は、男性がデートをガチで嫌がる「勘違いモテファッション」を4つご紹介します!

(1)3色以上のカラフルコーデ

『カラフル過ぎて目がちかちかする』(32歳/企画)

流行アイテムやカラーを着こなす女性は、おしゃれで素敵ですよね!
しかしあまりおしゃれにこだわりすぎると、男性が困惑する個性派ファッションになってしまうことも。
とくに気を付けたいのは色の種類で、3色以上使ってしまうと、うるさい印象に仕上がります。

(2)ゆるふわを通り越したダボダボコーデ

『大き目サイズの服ばかりだとだらしない印象』(28歳/経営)

男女ともに人気のフレーズなのが「ゆるふわ」でしょう。
萌袖や大きめパーカーなど、ゆるく着こなすことで可愛い印象になります。

しかしボリューミーなTシャツにワイドパンツなど、全体的にダボっとしたB系ファッションはゆるふわでもなんでもありません。
ゆるふわコーデは、「生地の質感」と「適度なメリハリ」が重要なのです。

(3)年齢を感じるストライプ柄のタイトスカート

『きちっとしすぎててスーツみたい。デートに着て来るのはちょっと……』(27歳/コンサル)

ヒップラインをきれいに見せてくれるストライプ柄のタイトスカート。
キレイめコーデに合う印象が強いですが、使い方によってはおばさんっぽい印象にも。

ネイビーに白のラインがついたタイトスカートは、まるでスーツみたい。
デート服には、オススメできないアイテムです。

(4)重たすぎる全身黒コーデ

『全身真っ黒は重たすぎる』(29歳/広告)

男性が求める女性のデートファッションの1つとして、女性らしいカラーを取り入れることが挙げられます。
そのため全身黒でまとめたファッションは重たい印象になるので辞めた方がいいでしょう。
どこか明るめのカラーを取り入れる、どうしても黒でまとめたい女性は、首元や足首などどこかすっきりさせるのがオススメ。


男性がデートをガチで嫌がる「勘違いモテファッション」を4つご紹介しました。
ファッションにあまり気合いを入れすぎると、残念な結果になることも。
今回の記事を参考にして、本物のモテファッションを実践してくださいね!

(恋愛jp編集部)